東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

つかだ編集長

ひとくち餃子をニラとごま入りタレで食べるのが「娘娘」流【久留米】

東京餃子通信編集長の塚田です。 福岡遠征のついでにちょっと足を伸ばして久留米までやってまいりました。 前回は、鉄なべ餃子の「五十番」にお邪魔をしました。 www.tokyogyoza.net もう一軒、久留米ならではの餃子があるということで、駅前のアーケード街…

カリッとモチっとが楽しめる「五十番」の鉄なべ餃子【久留米】

東京餃子通信編集長の塚田です。 前回に引き続き福岡から餃子情報をお届けします。 平尾の「黒兵衛」で皮にスープが練りこまれた餃子を堪能した後、仕事を済ませ夜はさらに西鉄にのって久留米に向かいました。 www.tokyogyoza.net 久留米は福岡市、北九州市…

お取り寄せも可!皮にスープを練りこんだ「黒兵衛」絶品焼き餃子【福岡・平尾】

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日出張で福岡に行く機会がありました。 昨年秋にもHASH#FUKUOKAの取材の際に一気に福岡の餃子店を巡ったのですが、まだまだ福岡には魅力的な餃子店がたくさんあります。 今回はHASH#FUKUOKAの取材の際に訪問できなかった福…

銀座の老舗中華店「銀座亭」の大きな焼き餃子は15時から【銀座】

東京餃子通信編集長の塚田です。 仕事の打ち合わせがあって汐留へやってきました。 打ち合わせが終わったのが14時半過ぎ、すっかり昼食を食べ損ねてしましました。 こんな時に頼りになるのが通し営業をやっている店なのですが、餃子の美味しそうな店で通し営…

「ロンバケ」のロケ地「萬金」で昭和を感じる餃子と中華そばと生姜焼き【新富町】

東京餃子通信編集長の塚田です。 新富町で仕事の打ち合わせがあった帰り道、とても気になる雰囲気の町中華のお店を発見。 調べてみると餃子は夜営業の時間だけは置いてありそう。 もう一つ追加情報としてこの「萬金」という中華料理店は、90年代に大ヒットし…

原宿の巨匠がいる「台湾料理 千」のごま油香る水餃子【原宿】

東京餃子通信編集長の塚田です。 昨日に続いて原宿から餃子情報をお届けします。 明治通り沿いの原宿観光案内所「もしもしにっぽん」の裏の路地の先に餃子の美味しい台湾料理のお店があるというタレコミ情報をいただきました。

和食の料理人が作る赤と白の「和味餃子」【原宿】

東京餃子通信編集長の塚田です。 先週末にランニングのレースに参加のため神宮外苑に行ってきました。 レースが終わったのが14時過ぎ。 頑張って走ったのでかなりお腹が減っていたため近場でランチが食べられる餃子店を探すも、14時で終わっているお店がほと…

かづ屋出身の「しなてつ」は餃子も支那そばも一級品【荏原町】

東京餃子通信編集長の塚田です。 以前、目黒の「かづ屋」の餃子とワンタン麺を絶賛したところ、信頼できる情報筋から「かづ屋」で出身のお勧めのラーメン店があるというタレコミ情報をいただきました。 www.tokyogyoza.net タレコミ情報を元に向かったのは東…

香港雲呑専門店「賢記」の香港麺と海老プリプリ雲吞【関内】

東京餃子通信編集長の塚田です。 本日は餃子ではなく雲呑の専門店をご紹介したいとおもいます。 水餃子と雲呑の違いは皮にかんすいを使うか否かや、皮が丸いか四角いだとか言われますが、どちらも小麦粉の皮で餡を包んで茹でた料理なので、兄弟のようなもの…

浅草の隠れた名店「餃子舗 龍王」の手作り鍋貼児【浅草】

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日、久しぶりに浅草の町に行ってきました。 浅草には、「2018ミシュランガイド東京」のビブグルマンに選出された「餃子の王さま」をはじめとして名店揃い。 www.tokyogyoza.net そんな中、前々から気になっていた町中華の…

新橋の「味覚」で絶品の棒餃子を堪能した後に恐怖の激辛麻婆豆腐の洗礼を受ける

東京餃子通信編集長の塚田です。 棒餃子の美味しい四川料理店があるというタレコミ情報をもとに新橋にやってまいりました。 最初は新橋から虎ノ門方面に5分ほど歩いたところにある「味覚 本店」に向かったものの残念ながらこの日は満席。 近くに二号店がある…

高知屋台餃子の人気店「松ちゃん」で薄皮パリパリ餃子を堪能【高知】

東京餃子通信編集長の塚田です。 年末の高知出張でようやく「屋台安兵衛」で屋台餃子とおでんを満喫できました。 www.tokyogyoza.net その足でこれまた夏に定休日にあたってしまい訪問できなかった「松ちゃん」に向かいます。 屋台安兵衛からグリーンロード…

元祖高知屋台餃子の「屋台安兵衛」で薄皮サクサク餃子に感動【高知】

東京餃子通信編集長の塚田です。 年末に出張で高知に行ってきました。 夏休みの家族旅行についで2017年は2度目の高知。 今回は出張の合間をぬって現地の餃子店を巡ってきました。 最初の目的地はもちろんあの場所。 夏休みに高知にやってきた時には「休餃日…

大阪王将のお店の味を再現した「こだわり餃子」

東京餃子通信編集長の塚田です。 年末に大阪王将のイートアンド社から「こだわり餃子」なる化粧箱に入った立派な餃子をいただきました。 イートアンド社には一昨年、関東工場の工場見学ツアーに参加させてもらうなど色々とお世話になっています。 www.tokyog…

昭和8年創業の老舗中華店「大勝軒」で餃子はタレが決め手【日本橋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日、三越前駅の近くにある昭和初期から続く老舗中華料理店「大勝軒」にうかがいました。 「大勝軒」というとつけ麺の「大勝軒」を思い浮かべますが、三越前にある「大勝軒」は、日本の町中華の草分け的存在である人形町大…

羽田空港「餃子とタンメン 天」のタンギョウで餃子初め

全国の餃子ファンの皆様、明けましておめでとうギョーザいます。 東京餃子通信編集長の塚田です。 今年はこれまで以上に修餃に励む意思を示すため、元日から餃子初めをしてきました。 向かったのは羽田空港。 実は義理のお母さんが遊びに来るのを息子とお迎…

東京五輪の競技会場で2017年の餃子納め

東京餃子通信編集長の塚田です。 2017年も残すところ数時間ですが皆さん今年の餃子納めはもう済ませましたでしょうか? 私はなんと東京オリンピックの競技会場で2017年の餃子納めをしてきました。

新日本プロレス真壁刀義選手も勧める「濱田」の特製餃子【大井町】

東京餃子通信編集長の塚田です。 本家特派員より東京出張の際に大井町で良さそうな餃子店の看板を見つけたという報告を受けて、この日は大井町駅にやってきました。 大井町は蒲田、大森と並んで餃子の人気店が集結している地域です。 大井町駅の中央口からま…

名古屋焼き餃子発祥の店「夜来香」【名古屋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 前回、前々回に引き続き名古屋からの餃子レポートです。 タイ料理を出す「餃子の王将 稲沢店」、そして牛肉湯の美味しい「天一」と短期間で昼間に行ける名古屋の餃子店を2店舗レポートしてきました。 www.tokyogyoza.net www…

2017年の餃活を振り返る

東京餃子通信編集長の塚田です。 12月1日から始まった餃子アドベントカレンダー2017も本日で最後。言い出しっぺなのでトリを務めさせていただきます。 私も今年1年間の東京餃子通信の記事を読み返しながら2017年の餃活を振り返ってみたいと思います。 ちなみ…

餃子と牛肉湯の専門店「天一」【名古屋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 前回のタイ料理が食べられる餃子の王将 稲沢店の引き続き名古屋からの餃子レポです。 www.tokyogyoza.net 名古屋駅から地下鉄を乗り継ぎ15分ほどの庄内通駅に到着。 イオンの裏の住宅街を10分ほど歩くとお目当ての店「天一」…

ここでしか食べられない「餃子の王将 稲沢店」のスペシャルメニューとは【名古屋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日、名古屋に行く機会があったので名古屋の餃子情報をお届けします。 といっても初回は餃子の王将から。 皆さんがご存知のあの餃子の王将です。 京都生まれの餃子の王将です。 なぜ、名古屋に行ってまで餃子の王将に行くの…

駒沢通りの秘境「海新山」でコラーゲンパワー全開の健康餃子【学芸大学】

東京餃子通信編集長の塚田です。 学芸大学駅に知る人ぞ知る中華の名店があるというタレコミ情報をもらいましてやってまいりました。 東横線学芸大学駅から線路沿いを渋谷方面に数分歩き駒沢通りを渡ったところで「ラーメン ギョーザ」の看板が見つかります。

都橋商店街の中華スナック「華」でパクチーとネギと食べる本格水餃子【野毛】

東京餃子通信編集長の塚田です。 タレコミ情報をたよりに、今回は横浜の野毛の都橋商店街へ。 都橋商店街はいわゆる駅前の商店街とは異なり小さな飲食店が並ぶ長屋のような建物。 歴史は古く1960年の東京オリンピックが開催される際に、景観をきれいに見せる…

ここがDEBUのルーツ!?「味香亭」のもっちりジューシーな手作り餃子【藤が丘】

東京餃子通信編集長の塚田です。 タレコミ情報をもとに田園都市線藤が丘駅に行ってきました。 お目当てのお店は「味香亭」という中華料理店。 藤が丘駅に降りるのが初めてだったので食べログで場所を確認しようと調べると、食べあるキングでお世話になってる…

博多「池田屋」で熱々の元祖炊き餃子を堪能【福岡・天神】

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日福岡を訪問する機会がありまして、ついでに最近福岡ではやっている炊き餃子の専門店「池田屋」を訪問してきました。 2004年に平尾駅の郊外で創業した池田和三郎商店で生まれた炊き餃子は今では博多名物の一つとして定着…

2017年 印象に残った餃子エントリー Best 3

東京餃子通信編集長の塚田です。 餃子アドベントカレンダー 2017が開催中ということで今年の餃子ライフを振り返る記事を書いてみたいと思います。 adventar.org 第一弾のテーマは「2017年に最も印象に残った餃子エントリー Best 3」です。 (第何弾までやる…

「ハトポッポ」の鉄板ギョーザと肉チャーハンで炭水化物まつり【赤羽】

東京餃子通信編集長の塚田です。 埼玉方面にお出かけの予定がありその帰り道、小腹が空いたのでタレコミ情報をもとに赤羽駅で途中下車。 赤羽駅から南北線の赤羽岩淵駅方面に歩くこと5分強。 赤いカンバンのTHE町中華という雰囲気のお店が見えてきました。 …

塩ラーメンが人気店「ささやん」で塩ダレで食べるカリカリ羽根付き餃子【相模大塚】

東京餃子通信編集長の塚田です。 神奈川県の大和方面に行く予定があったのでついでに以前読者の方からタレコミ情報をもらっていた「ささやん」を訪問してきました。 この日は車で訪問をしたのですが、相鉄線の相模大塚駅とさがみの駅のちょうど間ぐらいに位…

八幡ぎょうざの新生「餃子DINING GenBee(元兵衛)」の玉ねぎたっぷりの一口餃子【折尾】

東京餃子通信編集長の塚田です。 ご当地餃子で注目の北九州の八幡地区の八幡ぎょうざの食べ歩きの第三弾。 ここまで地元の餃子マニアH氏にご案内いただき黒崎駅前の「本店 鉄なべ」をで元祖鉄なべ餃子を堪能。 www.tokyogyoza.net 続いては、穴生にある八幡…