東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

東京餃子通信

8月8日「焼きそばの日」を「珍々軒」のレバ焼きそばと餃子で祝う【上野】

東京餃子通信編集長の塚田です。 焼きそば名店探訪録管理人の塩崎によると「8月8日は焼きそばの日」ということ知りました。 8月9日(ヤク)のそばにあるから「焼くそばの日」というのは面白いですね。 そうです! 8月8日は8月9日の近く(そば)、8(ヤ)9(ク)…

「ミスターギョウザ」の新作「しそギョウザ」と「ピリカレーギョウザ」【西浦和】

東京餃子通信編集長の塚田です。 埼玉方面での仕事の帰り道、少し寄り道をして武蔵野線西浦和駅へ。この日の目的のお店は「ミスターギョウザ 西浦和店」。 ミスターギョウザは埼玉県南部に数店舗展開しているローカルチェーン店で、以前、西川口店を訪れたこ…

デリシャカス2017で信州伊那餃子とストロングゼロ

東京餃子通信編集長の塚田です。 お盆を迎え今年の夏の前半が終わりを見せようとしているタイミングでようやく赤坂のTBS前で開催されているデリシャカス2017を訪れることができました。 2016年は宇都宮餃子とのコラボレーションということで全面的に餃子推し…

山手線沿線唯一のホワ餃!移転後の「ファイト餃子」に初訪問【巣鴨】

東京餃子通信編集長の塚田です。 巣鴨で乗り換えの機会があったので途中下車をして巣鴨地蔵通り商店街へ。 「おばあちゃんの原宿」と言われるだけあり、平日昼間でもかなりの賑わいを見せていました。 今回、目的のお店はとげぬき地蔵のさらに先にあります。

広島生まれのお好み焼き専門店「花子」でカリカリ麺の国泰寺焼きと鉄板焼きニラ餃子【神田】

東京餃子通信編集長の塚田です。 神田で目的の餃子店が定休日だったので、一人で夕飯を食べられそうなお店を探索していると「カープソース」の幟を発見。「花子」という広島に本店のあるお好み焼き専門店のようです。

「あぺたいと 板橋店」のパリパリ両面焼きそばともちもち餃子のセット【板橋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 板橋駅の近くに行く用事があったので、近くで遅めのランチを食べられる店を探したところ焼きそば専門店の「あぺたいと」を発見。

ムツゴロウ餃子、ワラスボ餃子、尻の穴餃子!?“珍魚”餃子レストラン「珍魚苑」期間限定開苑!第一弾の応募は7月31日締切

東京餃子通信編集長の塚田です。 ミシュランガイドの三ツ星よりも予約が取りにくいという噂の会員制高級紳士餃子レストラン「蔓餃苑」の苑主パラダイス山元さんから驚きのニュースが発表されました。

「ニュー・イロハ」でハマの町中華定番のサンマー麺と餃子【鶴見】

東京餃子通信編集長の塚田です。 週末に鶴見でランチをとる機会があったので京急鶴見駅近くの町中華「ニュー・イロハ」にお邪魔しました。 以前、第一京浜沿いの「赤レンガ」に行った際に見つけて、それいらいずっと気になっていたお店です。

創業昭和26年からの味を守る「中華そば丸福」の焼き餃子【西荻窪】

東京餃子通信編集長の塚田です。 西荻窪もギョウザマニアで「五たて」のこだわり餃子を食べた後、せっかく西荻窪まで来たので、もう一軒ハシゴをすることにしました。

ギョウザマニアで「五たて」にこだわるギョウザを食す【西荻窪】

東京餃子通信編集長の塚田です。 昨年末のテレビ東京で放送された「餃子マニアNO.1決定戦」で優勝したあと、googleで「餃子マニア」と検索すると「塚田」とサジェストが出る様になったのですが、ここ数ヶ月「西荻窪」が上に出てくる様になりました。 今年の…

餃子会館?台湾料理?「ふく龍」【日の出町】

東京餃子通信編集長の塚田です。 前回、野毛の「萬福」でカレー焼麺と餃子を堪能したあと、少しお腹に余裕があったので、もう一軒ぐらい新規開拓をしようと野毛の町を散策しました。

これぞ昭和の町中華の味!「萬福」でカレー焼麺&餃子を堪能【野毛】

東京餃子通信編集長の塚田です。 週末の野毛でランチをとる機会がありました。「愛しの街場中華」で知って、それ以来ずっと気になっていた「萬福」を訪問してみる事にしました。

JR両国駅幻の3番ホームにあらわれた「ギョーザステーション」でイザ、ギョーザ

東京餃子通信編集長の塚田です。 両国駅で開催されている味の素冷凍食品「ギョーザ」45周年を記念した特別企画「ギョーザステーション」に開幕当日の14日の夜に行ってきました。

百年ワンタンで本場上海ワンタン6種を食べ比べ【中目黒】

東京餃子通信編集長の塚田です。 中目黒で小腹が空いたので美味しい餃子を食べられそうな店を探したところ、ワンタン専門店を発見しました。 上海スタイルの饂飩専門店「百年ワンタン」です。

上海台所「鍋家」の皮が主役のもちもち餃子【幡ヶ谷】

東京餃子通信編集長の塚田です。 幡ヶ谷といえばアンジャッシュの渡部さんもイチオシの您好があまりにも有名ですが、幡ヶ谷を中心とする京王新線沿いは、隠れた餃子の実力店揃いの激戦区。 今回はそんな激戦区の中から「鍋家」(KOYA)を紹介したいと思いま…

石川県民のソウルフード、まつや「とり野菜みそ」を使ったスープ餃子

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日、家の近くのスーパーマーケットで買い物中、最近のチルド餃子の状況を調べるためにチルドコーナーをのぞくと見慣れないパッケージの餃子を発見しました。 まつやの「とり野菜みそ」を使った「とり野菜みそ スープ餃子」…

蔓餃苑の『うまい餃子』のレシピはどれも簡単でホントに「うまい」

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日発売された幻の会員制餃子レストラン「蔓餃苑」苑主のパラダイス山元さんの新作レシピ集「うまい餃子」のレシピを早速試してみました。

「お茶の水 大勝軒」の復刻版餃子【御茶ノ水】

東京餃子通信編集長の塚田です。 神保町で打ち合わせのついでに靖国通り沿いの「お茶の水 大勝軒」に訪問。 今年の春に開催された餃子フェスTOKYO 2017にも揚げ餃子と揚げ焼売で参戦しているのを見つけ、東池袋の大勝軒とは別の餃子を出していることを知りま…

ここはバイク屋?ギョウザ屋?「ギョウザモータース」【調布】

東京餃子通信編集長の塚田です。 前回紹介した「食神 餃子王」ともう一つ変わった名前の餃子店を調布からおとどけします。 「ギョウザモータース」という店名なのですが、ギョウザ屋なのかバイク屋なのか分かり難い名前です。 事前の調査では餃子屋らしいと…

電通大生の胃袋の守り神「食神 餃子王」【調布】

東京餃子通信編集長の塚田です。 調布に「食神 餃子王」なる神であり王であるとんでもないネーミングの餃子店があるというタレコミ情報をいただきました。 名前のインパクトがかなりありますが、軽く調べてみるとなかなか面白そうな店であることが分かりまし…

料理紳士のための雑誌「buono」の餃子特集が楽しすぎる

東京餃子通信編集長の塚田です。 男性向けのの料理雑誌「buono」の6月号は中華料理特集。表紙にとても美味しそうな写真が載っていたので思わずジャケ買いをしてしまいました。

目黒の「ぱっくん亭」で出会った「シャンコヤキソバ」と焼餃子【目黒】

東京餃子通信編集長の塚田です。 目黒でランチタイムを迎えたので久しぶりに目黒の餃子の名店「鎮海楼」に久しぶりに訪問しようと店の前まで来てみると、なんとシャッターが閉まっており臨時休業。

「東京台湾」のモチプル水餃子と巨大羽根付き焼き餃子【中目黒】

東京餃子通信編集長の塚田です。 一昨年の大江戸ビール祭りで出会いその皮のうまさに驚き、すぐに店にも伺った「東京台湾」。その後、残念ながらお店はお休みになり週1回の変則営業となっていました。

「支那そば屋 こうや」の豚肉がたっぷり詰まった皿ワンタンで一杯【四ツ谷】

東京餃子通信編集長の塚田です。 誰だって波瀾爆笑に出演した際に堀尾さんから四ツ谷で美味しいワンタンが食べられる店があると教えてもらった「支那そば屋 こうや」。 支那そばとワンタン麺の老舗店で前々から存在は知っていましたが、実際に来店するのは初…

一見すると水餃子の様なパスタ「チャルソンス」は甘かった【三軒茶屋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 以前、料理芸人のクック井上。さんがdressingというサイトで紹介していたチャルソンスというイタリアンな餃子を紹介していました。世界の餃子ハンターでもある私は興味津々。

幻の会員制餃子店「蔓餃苑」で『うまい餃子』をもっと美味しく食べる方法を習ってきた

東京餃子通信編集長の塚田です。 日本一予約が取れない会員制餃子レストラン「蔓餃苑」。東京餃子通信でもこれまでに何度か紹介をしてきました。 www.tokyogyoza.net そんな蔓餃苑の苑主であり餃界では餃子の王様としてトップに君臨するパラダイス山元さんが…

クラフトビールと手延べ餃子が楽しめる餃子店「ボナペチ」が立会川に誕生

東京餃子通信編集長の塚田です。 学生時代から20年以上の付き合いになる後輩が餃子とクラフトビールの店を出すというので、さっそく訪れてきました。 場所は京急立会川駅から第一京浜を渡った側に徒歩5分ほど歩いたところ。大井町駅からも15分ぐらいで歩けそ…

雲南麺の「李晃」でねぎコショウ餃子に出会う【錦糸町】

東京餃子通信編集長の塚田です。 打合せがあり久しぶりに錦糸町の駅にやってきました。もしかするとスカイツリーが出来てから初めての錦糸町かもしれません。

「磯丸水産」のSPFダイニングの新ブランドは24時間営業の「餃子製造販売店 トラ五郎」【新宿】

東京餃子通信編集長の塚田です。 今年の3月に新宿にオープンした新店「餃子製作販売所 トラ五郎」を遅ればせながらレポートしたいと思います。 こちら「餃子製作販売所 トラ五郎」は、手羽先唐揚げの「鳥良」や海鮮居酒屋の「磯丸水産」を手がけるSPFダイニ…

手延べ餃子バー「ウイング ビレッジ」の新作「えびアボカド餃子」【中野】

東京餃子通信編集長の塚田です。 昨年、中野の五差路の近くにできた「Wing Village」が新作の餃子を出したとのことで半年ぶりに訪問してきました。 www.tokyogyoza.net 私が企画のお手伝いをしたHOT PEPPER Beauty 5月号にもモチモチ皮の新店のカテゴリーで…

三軒茶屋で出会った本格手作り餃子が食べられるカフェ「ル・マン」

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日お届けしました三軒茶屋の餃子食べ歩きツアー。実は2店舗では終わらずにまだまだ続きがありました。

新店「満月廬 淡路町バル」は餃子飲み会に最適【淡路町】

東京餃子通信編集長の塚田です。 6月5日に淡路町のオープンした「満月廬 淡路町バル」へ、関係者にお招きいただきオープン当日に行ってきました。こちらは新宿三丁目に本店がある「満月廬」のバル形式の新業態とのこと。 オープン当日ということもありたくさ…

朝4時まで営業の大井町のオアシス「じゅりぃ〜」のザクザク焼餃子

東京餃子通信編集長の塚田です。 前回に引き続き大井町からレポートです。 餃子が好きすぎてテキーラバーなのにオリジナルの餃子を裏メニューとして出している「Gatito」の店主さんに教えてもらった大井町の餃子店巡りの第二弾。

日清「どん兵衛餃子ラブ♡うどん」で餃子を作って餃子味なのかを検証してみた

先日、会社近くのファミリーマートで「どん兵衛餃子ラブ♡うどん」を発見。 試しに食べてみたものの、パッケージに書いてあるような焼餃子っぽさは全く感じられない、ニラと醤油風味の普通に美味しい即席うどんでした。 Instagramにも思わずこんな感想を投稿…

駅前の実力店「華林」でもモッチリ皮の焼餃子と水餃子【大井町】

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日大井町のテキーラ専門バー「Gatito」の餃子好きの店主さんに近隣のおすすめ店を訊ねたところ大井町の餃子の美味しいお店を紹介いただきました。

有楽町駅銀座口改札から徒歩10秒「中園亭」の檸檬湯麺と餃子【有楽町】

東京餃子通信編集長の塚田です。 5月の某日、仕事の予定がつまりすぎて昼ご飯を食べ損ねた15時過ぎの有楽町駅。次の予定まで少し時間が空いたので、食事ができる場所を探すことに。 オフィス街では通しで営業を行っている店が少ないため、15時過ぎという時間…

普段着にも使える「餃子Tシャツ」コレクション!

東京餃子通信編集長の塚田です。 本日はTシャツのお話です。 6年前に大阪マラソンの出場記念に東京餃子通信Tシャツを制作しました。ライブドアブログのスタッフの方や、お気に入りの餃子店の店主さんや広報の皆さんの協力で完成した思い出深いTシャツです。

新店「やまよし」でお酒が進む「よ〜く、焼〜く餃子」たち【中野】

東京餃子通信の塚田です。 5月12日に中野に餃子の新店「やまよし」が開店したので早速訪問をしてきました。 実はこちらの店主の矢部さんは、私も餃子の食べ歩きを何度かご一緒させて頂くなどかなりの餃子好き。餃子好きが高じて、元々勤めていたラーメン店を…

「RAZA DINING & BAR」でチリモモを初体験【野方】

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日アゼルバイジャンやスロバキアの餃子を食べるために西武線の野方駅近くの「ととら亭」を訪れた後、野方には他にも世界の餃子を食べさせる店があるということで二次会がてら、その店にも立ち寄ることにしました。

クラシック音楽が流れる「安暖亭」で手作り皮の餃子と担々麺のランチセット【根津】

東京餃子通信編集長の塚田です。 最近少しずつ千代田線沿線を開拓しております。今回は根津駅から。根津神社方面の出口から徒歩1分の好立地にある「安暖亭」にうかがいました。

大森の渋谷餃子の裏にできた餃子居酒屋の新店「川崎家」

東京餃子通信編集長の塚田です。 大森での打ち合わせの帰り道、ちょっと寄り道をしていこうと駅周辺を歩いていると「渋谷餃子」の大森店を発見。

皮にこだわり!「金町餃子」の焼餃子とにら玉餃子【金町】

東京餃子通信編集長の塚田です。 とある日曜日、常磐線沿線を訪れる機会があったので金町駅で途中下車。以前からタレコミをもらっていた「金町餃子」を訪問してきました。 徒歩2分ほどの商店街の中に「金町餃子」を見つけました。看板の文字が可愛らしいです…

ミシュランガイドに選ばれた「ドゥエ イタリアン」でイタリアンなラーメン&餃子【市ヶ谷】

東京餃子通信編集長の塚田です。 某番組の撮影で麹町の日本テレビへ行く途中、燃料補給のために向かったのは「ドゥエ イタリアン」。市ヶ谷駅から九段方面に5分ぐらい歩いたところにあります。 赤を基調としたお洒落な店構えですが、実はこちらのお店はラー…

テキーラ専門バー「Gatito」で裏メニュー餃子!【大井町】

東京餃子通信編集長の塚田です。 裏メニューで餃子を出す変わったお店があるという噂を聞きつけて大井町にやってきました。 大井町駅から線路に沿って大森方面に5分ほどあるいた住宅街の中にそのお店はあります。非常に落ち着いた雰囲気の店構えです。

ラーメン専門店で食べる手のし餃子「池之端 松島」【根津】

東京餃子通信編集長の塚田です。 4月の半ばに会社のオフィス移転があり通勤に千代田線を使うことになりました。このためこれまで開拓が進んでいなかった千代田線沿線や常磐線沿線へのアクセスが格段とよくなりました。 というわけで早速千代田線沿線の未踏店…

旅の食堂「ととら亭」でアゼルバイジャンのギューザ、スロバキアのピロヒー、韓国のマンドゥククを食す【野方】

東京餃子通信編集長の塚田です。 4月にカザフスタン、ドイツ、トルコの餃子を食べにうかがった野方の「ととら亭」を再訪しました。 www.tokyogyoza.net ととら亭は、店主の久保えーじさんと奥様が世界を旅して学んできた各地の料理を、現地でのレシピを完全…

関西餃子ファン必見「Meets Regional」の餃子・炒飯・麻婆豆腐特集

東京餃子通信編集長の塚田です。 今月1日に発売した関西地方の地域情報誌「Meets Regional」は、2011年11月号の「餃子愛」特集から5年半ぶりの餃子特集が組まれました。 今回は餃子単体ではなく、餃子、炒飯、麻婆豆腐の特集です。

ピカピカステンレスが眩しい「千成飯店」で焼き餃子を食す 

東京餃子通信編集長の塚田です。 鈴木隆祐さんの「愛しの街場中華」を読んで以来、ずっと宿題店になっていたお店が大森にあります。 愛しの街場中華 『東京B級グルメ放浪記』2 (光文社知恵の森文庫) 作者: 鈴木隆祐 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2015/10…

餃子飛び出し注意!「しくよろ亭」の熱々ジューシー餃子

東京餃子通信編集長の塚田です。 今年の正月明けの1月4日に餃子難民になりかけ、出鼻をくじかけた田園都市線の高津駅。 あらためてリベンジのために高津駅を降り立ちました。 www.tokyogyoza.net

「東池袋 大勝軒 本店」で酢花胡椒で食べるさっぱりジャンボ餃子【東池袋】

東京餃子編集長の塚田です。池袋のサンシャインシティに行ったついでに東池袋駅前にある元祖つけ麺の東池袋大勝軒本店に立ち寄りました。 大勝軒は実は餃子も人気メニューの一つ。 先日の餃子フェスにも暖簾分け先の大勝軒が揚げ餃子の出品をしていましたね。…