東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

テキーラ専門バー「Gatito」で裏メニュー餃子!【大井町】

スポンサードリンク

image

東京餃子通信編集長の塚田です。

裏メニューで餃子を出す変わったお店があるという噂を聞きつけて大井町にやってきました。

大井町駅から線路に沿って大森方面に5分ほどあるいた住宅街の中にそのお店はあります。非常に落ち着いた雰囲気の店構えです。

image

 

店名は「Gatito」。

image

 

実はこちらのGatitoはテキーラ専門のバーなのです。私はここに来るまでテキーラといったら銘柄はクエルボ、飲み方はショットかマルガリータしか知りませんでしたが、店内にはいろんな銘柄の瓶がずらりと並んでいました。

image

 

カウンター席に座り女性店主さんにお話を聞きながら注文を。

まずは喉が渇いていたのでテキーラベースのモヒートを注文しました。通常はラムベースですが、こちらではテキーラベースで作ります。

ミントの香りが爽やかで飲みやすかったです。

image

 

 裏メニューの餃子をオーダーしたいということを伝えると、餃子は数種類あり盛り合わせも可能とのこと。せっかくなので全種類を盛り合わせにしてもらうことにしました。

焼き上がるまでの間に、店主さんに餃子についてお話を聞いたところ、餃子好きが高じてお酒に合うような餃子メニューを色々と試作するようになり、お店でも裏メニューとして出すようになったのだとか。

 

餃子が焼き上がるところで、先に餃子のタレがセットされます。

image

 

餃子は4種類6個出てきました。

種類がわかるように目印が乗っています。

 

まずは右下の何も乗っていない餃子から。こちらは春菊とパクチーを豚肉餡に練りこんだ餃子。

ベース餡はほぼ豚肉、そこに香りの強い春菊とパクチーがアクセントになっています。ラー油ではなくからしをつけて食べるのがオススメです。

image

 

ミントが乗っているのがガパオ餃子。

確かにガパオの材料は餃子の餡に近いものがありますね。ピリ辛な味付けで、お酒が進んで危険そう。

image

 

ハラペーニョが乗っているのはクミンが香るラム餃子。

ラムとクミンの相性は抜群ですね。こちらもガパオ餃子同様にとてもお酒が進む餃子です。

image

 

パクチーがのっているのはトムヤムクン餃子。

餡の具材は豚肉たっぷり。ナンプラーとレモングラスの香りでトムヤムクンぽく仕上がっています。

image

 

最後にせっかくテキーラ専門のバーに来たのでテキーラの飲み比べをすることにしました。

 

左はAgavales Blanco。100%アガベを使ったプレミアムテキーラ。

ちなみにテキーラには100%アガベをつかったプレミアムと混ぜてあるMixtosに分かれます。

Blancoというのは樽熟成をさせていないテキーラ。私が過去に飲んだことがあるテキーラは全てBlancoだと思われます。とってもスッキリした飲み口で中国の白酒とか泡盛に近い気がします。

 

真ん中のボトルはジョージ・クルーニーのテキーラブランドCasamigosのReposado。

ジョージ・クルーニーがテキーラを作っていたことに驚きました。

Reposadoというのは2か月~1年以内の短期熟成をさせたもので、樽熟成の香りがするのも特徴的。ウイスキーに近くなり飲みやすくなります。

 

一番右がHornitos Black Barrel。これはAnejoと呼ばれる1年以上熟成させたもの。ラベルには18ヶ月熟成と書かれていました。非常に香りがよいので、香りを楽しみながらじっくりと飲みたいテキーラです。

 

ちなみにテキーラグラスは若いものほど背の高いグラスで飲み、熟成されたものは低いもので飲むのが一番香りが楽しめる飲み方なのだとか。

image


餃子も美味しかったのですが、テキーラについて色々と学べるとてもよい機会でした。とても楽しかったので、再訪して他のテキーラも飲み比べしてみたいと思います。次回は新作餃子がまた出ているかもしれないですしね。

 

Gatitoでは時々餃子祭りが開催されているらしく、Facebookページに告知が上がることがありますのでFacebookページもこまめにチェックしておくと良さそうですよ。

 

Gatito

食べログGatito