東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

これぞ昭和の町中華の味!「萬福」でカレー焼麺&餃子を堪能【野毛】

スポンサードリンク

image

 

東京餃子通信編集長の塚田です。

週末の野毛でランチをとる機会がありました。「愛しの街場中華」で知って、それ以来ずっと気になっていた「萬福」を訪問してみる事にしました。

 

愛しの街場中華 『東京B級グルメ放浪記』2 (光文社知恵の森文庫)

 

日の出町駅前の交差点を渡り、野毛なかみちを桜木町方面に進む事50mほどのところに、昭和映画からそのまま切り取ったかのような外観の町中華「萬福」はあります。

店頭には非常に丁寧に書かれた手書きのメニューが掲示されています。

image

 

店内に入ると競馬中継を見入る常連さんでいっぱい。これが週末の野毛の正しい風景。 WINSからアクセスの良いお店はどこもこんな感じです。

テレビの真ん前の特等席が空いていたので、そちらに座らさせていただきました。

 

奥の壁には一面にメニューの短冊がずらりと並んでいます。表のメニュー表には掲示されていなかったものも結構あります。

特にカレーを使ったメニューが豊富にあるのが気になりました。中でもカレー焼麺に魅かれたため、メインはこちらに決定。もちろん餃子も注文しました。

 

待つ事5分ほどでカレー焼麺と餃子が運ばれてきました。カレー風味の焼麺ではなく、カレーライスのライスの代わりに焼麺が入ってます。

image

 

麺は細麺を油で炒めてあるようです。

カレーは片栗粉でとろみをつけた町中華特有の製法で作られたカレーです。中華丼や八宝菜と同じ作り方なのかもしれません。

甘めの味付けにカレー粉をたっぷりと使いスパイシーに仕上げています。

とろみがついているので麺によく絡みます。

image

 

続いて焼き餃子。

焼き目はムラもなく良い感じです。

image

 

皮は一般的な8センチを使い、餡は少なめでやや小ぶりに仕上げています。

image

 

中厚の皮を使って、ひだは横方向に流れるような少し変わった包み方です。

餃子の味付けは店の外観からの想像を裏切らない、これぞ昭和の焼き餃子という感じでうs。

水を絞ったキャベツと豚肉をしっかりと練って、ニンニクががっつり効いています。餡の味付けは控えめ。

image

 

萬福の餃子のような昭和スタイルの餃子は、変に凝らずに酢醤油にラー油といったオーソドックスな餃子ダレで食べるのが美味いです。

今回はカレー焼麺と合わせましたが、白米が進む感じの餃子ですね。

image

 

店の雰囲気もあるのだと思いますが、カレー焼麺も餃子も心落ち着く感じの味でした。 野毛という町であれば「萬福」のような町中華の老舗店が、そのままの形で残ってくれそうな期待が持てますね。

中華料理 萬福

食べログ中華料理 萬福

中華料理 萬福中華料理 / 日ノ出町駅桜木町駅関内駅
昼総合点★★★★★ 5.0

 

愛しの街場中華 『東京B級グルメ放浪記』2 (光文社知恵の森文庫)

愛しの街場中華 『東京B級グルメ放浪記』2 (光文社知恵の森文庫)