東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

創業昭和26年からの味を守る「中華そば丸福」の焼き餃子【西荻窪】

スポンサードリンク

image

 東京餃子通信編集長の塚田です。

 西荻窪もギョウザマニアで「五たて」のこだわり餃子を食べた後、せっかく西荻窪まで来たので、もう一軒ハシゴをすることにしました。

www.tokyogyoza.net

仲通商店街アーケードの中にあった持ち帰り餃子の有名店「西荻餃子」は残念ながら2015年に閉店になってしまったとのこと。

西荻餃子の跡地で閉店したのを確認後向かったのは駅前の「丸福中華そば西荻店」。

image

 

やきとり戎の向かいにある黄色い看板が目印です。

看板には荻窪丸福西荻支店と書かれています。

image

 

昭和26年に福島県出身の先代が荻窪に創業した「丸福」。バブル時代のラーメンブームでは荻窪の春木屋と人気を二分するほどの有名店だったとのこと。

西荻支店は昭和59年からこの地にあるそうです。

店内には炎の料理人こと故 周富徳氏のサインも壁に貼られていました。

image

 

伝統の中華そばも食べたかったのですが、1軒目のギョウザマニアで餃子をたっぷり食べてきてしまったので、焼き餃子と瓶ビールのみに。

瓶ビールでちびちびやっていると餃子が運ばれてきました。

そこ面を広くとって焼き加減もよく焼き気味の良い感じです。

image

 

中厚の皮を使いヒダを細かくつけ、中に餡を目一杯詰め込んでいます。

これは高い技術力と丁寧な仕事が必要とされるレベルの高い餃子です。

image

 

皮の中いっぱいに詰まった餡はキャベツと豚肉のオーソドックスな具材。

キャベツのシャキシャキ食感が印象的です。

シャキシャキ食感の秘密は塩もみをしてキャベツの水分をしっかりと抜くのだとか。

image

 

薄めの酢醤油に辣油をちょい足しした、いつもの餃子ダレでいただきました。

image

 

オーソドックススタイルの餃子でしたが、一つ一つ丁寧につくられて、焼きにもこだわりを感じる良い餃子でした。

この餃子は中華そばのサイドメニューとして最大限の実力を発揮しそうなので、次回は中華そばも食べてみたいと思います。

 

丸福中華そば 西荻店

食べログ丸福中華そば 西荻店

丸福中華そば 西荻店ラーメン / 西荻窪駅
夜総合点★★★★★ 5.0