東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

「京急沿線餃子ラリー」あっという間にコンプリート

スポンサードリンク

先日もお伝えしましたが川崎と蒲田の合同企画「京急沿線餃子ラリー」が4月一杯まで開催されています。

早速、私も仕事帰りに餃子ラリーに参加して来ました。

まずは京急で京急蒲田駅を目指しす。
京急蒲田駅についてびっくり。普段は羽田空港への乗り換えでしか使ったことがなかったので気づかなかったのですが、駅が思いっきり改装されていました。

ホームがあるのは3階で、駅の外に出るのにひたすら階段と通路を歩きました。
駅の外に出てきたのはすでに夜の10時40分ぐらい。ニーハオ本店、歓迎、金春はもう終わっている時間。

というわけで春香園を目指します。




春香園は24時まで営業しているので、余裕でセーフ。
店内もほぼ満席。なんとか相席で入れてもらいました。




青島ビールで餃子を待ちます。




これでもかと言うぐらい大きな羽根。
羽根に餃子が付いているといっても良いぐらいです。

蒲田の羽付き餃子の中でも、大きめの餃子なので食べごたえがあります。
安定した美味しさですね。




時間もないので、青島ビールと餃子だけをいただいたら、川崎を目指します。
お会計の時にスタンプ帳を出すと、レジからスタンプを出して押してくれました。

3月15日から開催されている餃子ラリーですが私が初の参加者だったようで、店員さんは少し混乱してました。

無茶苦茶ちっちゃいスタンプですが、まずは一つゲット。




春香園から京急蒲田駅まで戻る時間がもったいなかったので、京急には申し訳ないですがJR蒲田駅から川崎を目指しました。

川崎駅につくと、すでに11時半。この時間になると川崎でも開いている店は大分減ります。

異色の餃子パブ・ノーブルナルキならやっているだろうと思って店の下まで行ったのですが、カラオケを熱唱している団体がいたので退散。




結局、仲見世通りの大陸に向かうことにしました。
大陸も12時近い時間だというのに店内はほぼ満席。大盛況ですね。




店内でも餃子ラリー帳が配布されてました。
京急の駅に行く必要もなかったみたいです。




またまた、ビールで餃子を待ちます。




ビールのつまみはお新香を選択。




10分弱で餃子が登場。モチモチ系の皮にキャベツとにんにくたっぷりの餡が詰まっています。
蒲田の餃子とは系統が異なりますが、これも美味しい。




大陸は自家製の辣油が美味い。
つけダレに辣油をたっぷり入れるのがオススメです。





スタンプももらってあっけなくコンプリート。
川崎側は専用のスタンプも用意されていました。こういうイベントをちょくちょくやっているのかもししれません。




京急沿線餃子ラリーは深夜11時ぐらいのスタートでも1時間ほどでゴール可能でした。

春休みのお出かけや、お仕事帰りに気軽に楽しめると思うので、参加してみてはいかがでしょうか。

私は、4月末までの会期中に蒲田の参加店すべての訪問を狙いたいと思います。