東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

「京急沿線餃子ラリー」2周目はボスキャラ同士でコンプリート

スポンサードリンク

先日も「京急沿線餃子ラリー」開催についての記事を書きましたが、4月30日まで京急蒲田と京急川崎周辺の餃子店を巡る餃子スタンプラリーが開催されています。

前回は、深夜でもあいている春香園と大陸の組み合わせでコンプリートしましたが、今回は川崎、蒲田の両方のボスキャラ的餃子店同士でのコンプリートを試みました。

スタンプ帳にも掲載されている、成喜と你好の両地域の餃子の発祥の店と言っても過言ではない両店舗が今回のターゲットです。



まずは、お昼時に川崎の成喜を目指します。
京急川崎駅からは少し遠いですが、チネチッタの近くの路地にある成喜は、川崎で初めて餃子を出した店とも言われています。




モチモチ系の皮に野菜多めのさっぱり系の餡の組み合わせ。
とてもやさしい味の餃子です。

焼き方もすごく丁寧です。




川崎餃子のリーダーだけあって、テーブルにはかわさき餃子みそが常備されています。
これをお酢とラー油と混ぜてたべるのがオススメとのこと。




しかし成喜には、かわさき味噌ダレを超える味噌ダレがあるのです。
それがこちらのザージャー麺。




普通に麺を食べていくと最後に肉味噌がたくさん残るので、この肉味噌を餃子につけて食べるのがオススメ。さっぱり系の餃子が一気に濃厚な味に変化します。




というわけで、成喜のスタンプを無事GET!




そして夕飯時に京急蒲田駅にやって来ました。




京急蒲田駅から徒歩3分ぐらい。こちらが你好の本館です。
今回の餃子ラリーは蒲田側の参加店は本店のみの参戦なので、必ず本館に行くようにしてください。

本館は狭くかつ人気があるので満席のこともよくあるのですが、今回は待たずに座れました。




青島ビールを飲みながら餃子が来るのを待ちます。




やって来ました元祖羽付き餃子。
元祖ともなると、大きな羽根でその存在を主張する必要はないのかもしれないですね。

大変控えめですが、上品な羽根がついています。

金春や春香園に比べるとやや小ぶりのサイズですが、手作り皮のモチモチした感じが素晴らしいですね。




この日は次に3周目の餃子ラリーへのチャレンジのため歓迎に向かったので、焼餃子だけで退散しました。




無事、你好のスタンプもゲット!成喜と你好の両雄が揃って2周目の餃子ラリーもなんなくクリア。

この後、すぐに3周目のチャレンジもスタートしました。

餃子ラリーは、4月30日まで開催してますので、皆さんも是非参戦してみてください!