東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

【新川崎】「味楽」で出会ったモチモチ皮に餡がパンパンに詰まった焼き餃子

スポンサードリンク



東京餃子通信編集長の塚田です。
超ローカルネタですが、最近JR新川崎駅から東横線日吉駅がバスで繋がりました。
この影響で新川崎、鹿島田あたりが私の生活圏に仲間入りをしました。

というわけで、新川崎の餃子店の開拓にやってきました。
今回訪れたのは、新川崎駅の階段を降りてすぐのところにある「味楽」。

鹿島田駅前にも別館があるそうです。


22時ぐらいにお店に到着したところ、お客さんはゼロ。
すでに店じまいモードだったのか小上がりの掃除を行っていましたが、快く迎えてくれました。

22時半が終バスなので、30分一本勝負です。

餃子と瓶ビールを注文。
餃子が焼きあがるまで、ビールで喉を潤します。



メニューを眺めているとおすすめメニューの中に、100円の春雨サラダを発見。
100円という破格ながら、セロリ、木耳、人参などなど、色々な野菜が入っています。

その辺の居酒屋のお通しよりもよっぽど良いです。



もう一品、すぐに出てくるおつまみメニューということで、ネギチャーシューを注文。
ごま油で和えてあり、なかなか美味。

つまみ系のメニューの割に、かなり量が多くてお得感があります。



そして満を持して登場したのが、味楽の人気メニューの焼き餃子。

きれいな焼き目に仕上がっています。


味楽の餃子の特徴は餡がパンパンに詰まっていること。
やや厚めでモチっとした弾力性の強い皮を使い、さらにヒダを細かく10個以上つけています。

これぐらいヒダを細かくしないと、この餡の量は入らないですよね。

かなり食べ応えのあり、満足度の高い餃子です。



餡の具材は、豚肉と野菜のバランス型。
豚肉は粗挽きにして、肉の食感を残しています。
キャベツもあら刻みでシャキシャキとした食感が感じられるのが良いですね。

餡にはスープも練りこんでいるようで、野菜の味をうまく生かした美味しい肉汁がジュワッと溢れてきます。

ニンニクは控えめで、ニラと生姜で風味づけをしています。
生姜が効いた餃子って美味しいですよね。

そのまま食べても十分美味しいのですが、味付けが優しめなので、薄めの酢醤油にラー油をちょい足ししたタレで食べるのがおすすめです。



今回は、30分一本勝負の短期戦でしたが、次回は家族も連れて来てゆっくりと他のメニューも楽しみたいと思いました。

自宅から直線距離が近い割にはこれまでなかなか開拓できていなかった新川崎・鹿島田エリアですが、以前立ち寄った「角鹿」もなかなか実力店だったことを考えると、もう少し探索をしてみる価値はありそうです。

味楽中華料理 / 新川崎駅鹿島田駅平間駅



東京餃子通信では、皆さんからの餃子情報をお待ちしております!
南武線、横須賀線沿線でもオススメの餃子店があったら是非教えてください。

tarekomi