東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

蒲田餃子御三家食べ歩きツアーその1(你好)

スポンサードリンク



先日、実名口コミグルメサイトRettyのユーザーと中の人で蒲田餃子食べ歩きツアーを行いました。

蒲田餃子の中でも人気の、你好、金春、歓迎の通称「蒲田餃子御三家」を食べ歩きます。

今回はテーマは本店を巡る事。やはり食べ比べるなら本店ですよね。



まずは你好本店。
なんだかんだ言っても蒲田の羽根つき餃子と言えば你好です。

開店時間の11時30分のちょっと前に到着したのですが、既にお店は開いてました。
この辺の適当さも蒲田ならでは。




蒲田の羽根つき焼餃子はなぜかどの店に言っても300円なのですが、你好の店主が開店したときに300円にしたのが今でも守られているようです。

今回はせっかくの食べ歩きなので、普段あまり手を出さない羽根つき餃子以外にも手を出します。

鍋貼(羽根つき焼餃子)、大蒸餃子(ジャンボ蒸餃子)、蝦春巻(海老スティック春巻き)を注文しました。



まずは鍋貼。さすが元祖羽根つき焼餃子。美しい羽根ですね。羽根はカリカリ、皮はモッチリ。
皮の中からはジューシーな肉汁が飛び出てきます。餡は豚肉と白菜、長ネギとシンプルな具材なのですが旨味が出てますね。



次は餃子ではないのですが、海老春巻き。スティック状になっていておつまみに最高。
サクサクした皮の中にプリプリの海老が入っています。



最後にやって来たのは、ジャンボ蒸し餃子。
これを食べたのは私も初めて。たしかにデカイですね。

餡は野菜中心でサッパリ味。蒸し餃子ですが、餃子ダレは付けた方が良いですね。
皮がモチモチしてて美味しかったです。



まだまだ食べたいところなのですが、今回は食べ歩き。次のお店が待っています。

餃子ツアーの一行は你好の味の余韻にひたりながらも次の金春を目指すのでした。

蒲田餃子御三家食べ歩きツアー2(金春)に続く

ニーハオ 本店餃子 / 京急蒲田駅蒲田駅糀谷駅
昼総合点★★★★ 4.0