東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

蒲田餃子御三家食べ歩きツアーその3(歓迎)

スポンサードリンク


你好、金春と蒲田の御三家を食べ歩いてきたツアー一行は最後の目的地の歓迎にやってきました。

歓迎はJR蒲田駅から徒歩五分ほどの大田区生活センターの1階という変わった立地にあります。

広めの店内のほぼ満席。やはり人気ありますね。


豊富な点心メニューの中から我々が選んだのは、鍋貼(焼き餃子)、鮮肉水餃(豚肉入り水餃子)、水煎包(ミニ焼き肉まん)の3品。

定番系の餃子たちに今回初チャレンジの焼き肉まんを入れてみました。



まずは、定番の焼き餃子。

注文が通るか通らないかのタイミングで速攻で運ばれて来ました。
ほぼ全てのお客さんが注文するので焼き続けているようです。

飴色の羽根が良い感じですね。
餡は生姜がかなり効いていて、他の2店とは大分異なります。




歓迎では特製の餃子ダレが用意をされています。
ニンニクがたっぷり入った餃子ダレは、なぜかやたらと粘り気があります。

餃子の餡にはニンニクが入っていないので、物足りない方は是非お試しください。




続いて水餃子。
もっちもちの皮の中に生姜風味のジューシーな豚肉餡が詰まってます。

私は歓迎では焼餃子よりも水餃子をオススメしたいですね。




そしてこちらがミニ焼き肉まん。
肉まんの底に立派な羽根が付いてます。肉まんを焼くというだけでも珍しいですが、こちらは羽根つき。

何も言われずに出されたら、わざわざ羽根をはがして食べてしまいそう。




肉まんのふわふわした皮とパリパリの皮のコントラストがとてもおもしろい。
普通の肉まんなのですが、焼いただけで大分イメージが変わるもんですね。



你好、金春、歓迎の御三家を食べ歩きお腹が満たされたかと思いきや、まだまだ胃袋に余裕がありそうなメンバー達。

というわけで、急遽食べ歩きツアーにもう一軒追加をすることになりました。

次にどこに行くのかは乞うご期待。

蒲田餃子御三家食べ歩きツアー(番外編)へ続く

中国料理 歓迎 本店餃子 / 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅
夜総合点★★★★ 4.0



歓迎 本店 ( 蒲田 / 餃子 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ