東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

蒲田餃子御三家食べ歩きツアー番外編(大連)

スポンサードリンク

蒲田餃子御三家食べ歩きツアーの一行は御三家を全て食べ歩いたにも関わらずまだ餃子が食べ足りないと言うので、急遽4店舗目を目指しました。

一行が向かった先は大森。そう、蒲田のお隣の駅大森です。
大森は蒲田、川崎の影に隠れて目立ちませんが、実は餃子の有名店が多数集まる餃子激戦地の一つ。

蒲田の羽根餃子文化を受け入れつつ、独自の進化を見せています。



そんな中から今回選ばれたのは大連。
大連は駅から少し離れた山王小学校の裏当たりにある小さな中華料理屋なのですが、テレビや雑誌などでもちょくちょく取り上げられる有名店です。




今回は定番の焼餃子とワンタン風茹で餃子と激辛蒸し餃子を注文しました。
焼餃子以外は御三家で頼んだ注文とも被らない絶妙のオーダー。



最初にやって来たのは焼餃子。
羽根が付いていますが、餃子の形や羽根の付き方が明らかに蒲田御三家のそれとは異なります。

カリカリの羽根と薄めの皮に包まれた餡はかなりジューシー。餡の味付けも結構濃いめです。
比べてみると味も蒲田の餃子とは異なります。



次はワンタン風茹で餃子。
皮がつるっとしていて美味しいですね。スープは普通の中華スープです。



最後に来たのは激辛蒸し餃子。こちらは初体験。
こういうメニューにチャレンジできるのも食べ歩きツアーの醍醐味です。

皮の中からラー油の様な赤い液体がしみ出て来ているのが分かります。

餡は普通の豚肉ベースの餡なのですが、かなり唐辛子が効いています。
熱々の状態のモノを口に入れるのはとても危険。

辛いんだか熱いんだかよくわからなくなります。

結果的にこの激辛餃子が今回のツアーの締めの餃子になりました。
口の中が辛くなってしまったので、この後に別の餃子をたべても味の細かい違いが分からなくなっていたかもしれませんので、結果オーライだったのかもしれませんね。



蒲田の你好から始まった今回の食べ歩きツアーですが、4件目の大連を後にしたのが14時過ぎ。

蒲田も、大森も休日でも昼休憩を取る店が多いので、今回のツアーはここで打ち止めです。

同日に蒲田餃子を食べ比べするという事も、ましてや大森と比較するなんて事は私も初めての体験だったのでとても面白かったです。参加した皆さんも本店に行くのは初めてという方も多かったので、満足いただけたようです。

こういう企画は楽しいので、また別の場所でも食べ歩きツアー実施したい思います。

大連餃子 / 大森駅大森海岸駅
昼総合点★★★★ 4.0