東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

dancyu餃子特集号発売日に蔓餃苑に行ってきた(前編)

スポンサードリンク

6月6日はdancyu7月号の発売日。
今回の特集は餃子。dancyuで餃子が特集されるのは2年ぶり。今回も気合いの入った特集企画です。

本企画の目玉は、なんといっても11ページにわたる蔓餃苑の特集記事。
最近、蔓餃苑もテレビや雑誌で良く取り上げられるようにはなってきましたが、ここまで大きな特集は初めてでしょう。

そんな記念すべきdancyuの発売日に、なんと蔓餃苑の予約がとれてしまいました。

開苑することは知っていましたが、狙ってとれるものではないのが蔓餃苑。
そこで予約がとれるのだから、私もなにかもってますね!


食べ歩き仲間を3人引き連れて、荻窪駅から早歩きで蔓餃苑を目指します。

苑内はいつもの通りお宝の山。一歩踏み入れただけで気分が高揚しますね。

王様の座右の銘(?)の「暴飲暴食」の文字が掲示されてます。これは前回はなかったですね。
なんでも、この作品はパラダイス山元さんの息子さん、つまり餃子の王子による作品だとか。




今回のレートは、1mambo = 1.0円です。前回は1円を切っていたので、若干のmambo高傾向。




来苑するのは数ヶ月ぶり。メニューも夏メニューに変わっています。

いつもの通り苑主お任せフルコースを注文いたしたのですが、今回のフルコースはメニューの載っていないものがいくつも出てきて大感動。



まずは定番の焼餃子。
久しぶりに食べましたが、感動的な美味さですね。



今回は、ニンニク入り醤油(緑)にお酢と市川海老辣(えびラー油)を混ぜたつけダレでいただきました。



続いて稲垣吾郎さんが興奮しすぎてたてなくなったというあのゼナキング餃子。
これを食べすぎると夜眠れなくなっちゃいます。




こちらも定番のクオーターパウンダー。お肉とスパイスだけの餡が皮に包まれています。

いつもの違うのが柚子こしょう。
天草の染岳屋からとりよせた柚子こしょう。普通の柚子こしょうよりもさらに塩辛さが強いので、たくさん付けると危険です。

なぜ天草さんなのかは、BSフジの東京会議をご覧ください。




こちらはメニューになかった海老まるごと餃子。
先ほどまで活きていた海老が餃子の中に閉じ込められてます。

ホント贅沢な餃子ですね。

これも天草がらみだとか。




こちらも定番のチーズクオーターパウンダー。餃子というよりもピザに近い味。
ガーリック入りのタバスコを付けて食べると、最高のおつまみになります。



ここでお口直しのフルーツトマトが登場。お口直しなんて出てきたの始めて。甘くてさっぱりしたフルーツトマトで、口の中も胃袋も後半に備えます。



同行者も最初の焼き餃子からとばしてたので、この時点で腹八分を超えたあたりまで来ている感じ。
まさに暴飲暴食の会になりました。本当にフルコース間食できるのでしょうか。

後半に続きます。