東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

小田原・箱根

【箱根】箱根旅行の締めはトレランからの「餃子センター」で餃子三昧


東京餃子通信編集長の塚田です。

先日、仕事関連の研修で箱根湯本に来る機会がありました。
一泊したのですが、土曜日の朝から自由時間になったので以前から気になっていた箱根唯一の餃子専門店「箱根餃子センター」を目指すことにしました。

餃子センター
住所:〒250-0408 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300(地図

箱根餃子センターは、彫刻の森美術館の近くにあるので、箱根湯本のホテルからはバスや箱根登山鉄道を使えば1時間弱でつきそうな距離。

しかしせっかく紅葉の季節に来たのですからまっすぐに目的地を目指すのはもったいない。

というわけで自分の足で走って箱根の自然を満喫することにしました。


箱根湯本からは旧街道のハイキングコースが元箱根まで続いています。
元箱根を経由して彫刻の森美術館までが約15キロ。

ゆっくり走って2時間ちょっとぐらいかなと予測。

続きを読む

小田原で東京餃子通信史上最も美しい羽根付き餃子「氷花餃子」にで出会ったよ



東京餃子通信編集長の塚田です。

横浜から少し足を伸ばして小田原までやってきました。

「お猿のかごや」の発車ベルが流れるなか改札まで上がってくると巨大な小田原提灯がぶら下がっていました。


わざわざ小田原までやってきたのは、どうしても食べたい餃子があったのです。
その名も「氷花餃子」。

羽根付き餃子で有名なお店です。

氷花餃子
アクセス:伊豆箱根鉄道大雄山線小田原駅東口 徒歩4分
住所:〒250-0011 神奈川県小田原市栄町2-8-10(地図

実は昨年末の伊豆旅行の帰りに立ち寄ったのですが、大晦日のためお休みで食べられなかったという経緯があります。

かまぼこ屋や干物屋さんが並ぶ商店街を抜けて行くとビルの2階に「氷花餃子」が見つかります。

「庶民の値段で貴族の贅沢」というキャッチコピーが心に響きます。

フレンチのシェフのようなイラストもギャップがあって良いですね。


続きを読む
東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ