東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

鶴見・生麦・新子安

「マツコの知らない世界」登場の洋食と中華のハイブリッド店「グリル来来」で絶品オムライスと餃子を食す


東京餃子通信編集長の塚田です。

先日、マツコの知らない世界のオムライス回で紹介をされていた鶴見「グリル来来」のオムライスがものすごく美味しそうだったので家族で夕飯を食べに行ってみました。

今回はオムライスが主役ですが、もちろん餃子もあります。

というのも「グリル来来」は、店名にも表れているように洋食と中華のハイブリッドなお店なのです。

鶴見駅からは歩くには遠い鶴見川沿いにポツンとたっている「グリル来来」。

あえて最寄り駅をあげるとすれば京急の鶴見市場でしょうか。


続きを読む

【鶴見】手軽に本格香港飲茶が楽しめる店「福盈門」の焼き餃子


東京餃子通信編集長の塚田です。

鶴見の地元住民の方においしい点心のお店があると聞いてやってきたのがこちら福盈門。

JR鶴見駅と京急鶴見駅のどちらから歩いても2分程度の好立地です。

香港飲茶、小皿料理の専門店のようで、支店は川崎駅前の川崎日航ホテルやサラリーマンの聖地ニュー新橋ビルにも入っているとのこと。


続きを読む

【鶴見】三ツ池公園近くの「餃子舗 北京」で昭和にタイムスリップ


東京餃子通信編集長の塚田です。

横浜市の鶴見区に三ツ池公園という県内有数の桜の名所でもある大きな公園があります。

週末に子供たちと三ツ池公園に遊びに行った際に、公園から徒歩数分のところに、ストアー梶山という昭和映画のセットのような集合店舗を見つけました。

今でもクリーニング店、精肉店、青果店が営業中。
それ以外の店舗はシャッターが降りてしまっています。



そしてストアー梶山の一番奥にあるのが「餃子舗 北京」。
こちらも昭和の香り満載のニッポン中華のお手本のような店構えです。


続きを読む

【鶴見】和食と中華のハイブリッド店「門前」のモッチリ大餃子


東京餃子通信編集長の塚田です。

先日も鶴見の餃子店の紹介する記事『【鶴見】餃子舗の看板に引かれて入った「北京」はニュータンタンメン風だった 』を書きましたが、またまた鶴見にやってきました。

蒲田、大森、川崎と並んで鶴見に餃子店が集結しているということに最近気づいて、ちょこちょこ通うようになりました。

この日おとずれたのは、JR鶴見駅と京急鶴見駅の間にある「門前」です。

門前食事処
アクセス:JR京浜東北線鶴見駅東口 徒歩5分
住所:〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-17-7(地図

2013年にリニューアルオープンしたということで看板もお店もまだ新しくてキレイですね。



中華と和の店というコンセプトのお店。

なんでも手作り餃子とお刺身がこの店のウリなのだとか。


続きを読む

【鶴見】餃子舗の看板に引かれて入った「北京」はニュータンタンメン風だった 



東京餃子通信編集長の塚田です。

蒲田を中心に大森、川崎と京浜工業地帯には餃子の美味しい餃子店が集結ているのですが、ここ鶴見も見逃せません。

これまでも、東京餃子通信では何店か鶴見駅周辺の餃子店を紹介してきました。


今回はじめて訪問した餃子舗「北京」は京急鶴見駅から国道15線方面に少しあるたところにあります。
中華料理 北京
アクセス:京急本線京急鶴見駅東口 徒歩1分
住所:〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-27-9(地図
店頭には横浜の中華店らしくサンマーメンのぼりが掲示されていました。


続きを読む
東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ