東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

ふるさと納税

ふるさと納税で「新三」「うの木」「三栄飯店」の餃子をいただいた【宇都宮】


東京餃子通信編集長の塚田です。

今年も残すところわずかですが、今年のふるさと納税はお済みでしょうか。

自己負担額2000円で、納税先からお礼品がもらえるという素晴らしい制度。餃子をお礼品として用意している自治体も沢山あるのですが、その中でも特にオススメなのが宇都宮市。

宇都宮市のふるさと納税はポイント制になっていて1万円以上納税するとカタログが送られてくる仕組みになっています。

このため年末に駆け込みで納税をしても、お礼品を選んで届けてもらうのは翌年1年間のなかで好きなタイミングを選べます。

更に、選べる餃子の種類も豊富。20~30種類の餃子から好みの餃子を選ぶことが出来ます。


今回は、お礼品として頂いた餃子を3種類ご紹介しましょう。

まずは「新三」。

こちらは創業昭和11年の老舗のお弁当屋さんです。

老舗お弁当屋さんも独自で餃子を開発しているところにも宇都宮餃子の層の厚さを感じます。

続きを読む

驚きのモチモチ食感「十和田おいらせ水餃子」をふるさと納税でお取り寄せ


東京餃子通信編集長の塚田です。

久しぶりにふるさと納税で餃子をいただきました。

今回は青森県の十和田市に1万円の寄付をおこなったところ「十和田おいらせ水餃子」が4パック送られてきました。

実は「十和田おいらせ水餃子」は前々から気になっていた餃子なのです。

というのもある餃子メーカーさんから「青森のもち姫という小麦粉が素晴らしい」という話を聞いたことがあり、そのもち姫を使っている餃子がこの「十和田おいらせ水餃子」なのです。

パッケージの右側にも「もち姫」使用と書いてありますね。

続きを読む

ふるさと納税その5:TVチャンピオン「餃子職人選手権」優勝の「遼順茶楼」の緑の焼き餃子


東京餃子通信編集長の塚田です。

昨年末から続くふるさと納税餃子シリーズの続編です。

これまで、

と、4回に渡ってふるさと納税で獲得した餃子たちをご紹介してきましたが、5回目の本日は前回に引き続き宇都宮からのお取り寄せです。


宇都宮市内に2店舗展開する「遼順茶楼」。


「遼順茶楼」は、なんと2002年のTVチャンピオン「餃子職人選手権」優勝を誇る超実力店です。


店舗では、宇都宮定番の焼き餃子だけでなく、数十種類の点心類を職人さんが一つ一つ手造りで作っています。


そんな「遼順茶楼」から送られてきたのが、こちらの野菜豚肉餃子。



箱を閉じてるシールが「TVチャンピオンの店」と書くところを「イレチャンピオンの店」と書いてるところはご愛嬌。



続きを読む

ふるさと納税その4:宇都宮「味一番」は自家製皮と貝柱の香が隠し味


東京餃子通信編集長の塚田です。

昨年末に駆け込みで申し込んだふるさと納税シリーズの続編です。

これまで3都市からの餃子の贈り物をご紹介してきました。

3月に入って確定申告を済ませてきましたが、ふるさと納税の餃子たちも宇都宮からの餃子を残すのみ。

今回ご紹介するのは、宇都宮で昭和30年代から続く超老舗店「味一番」の餃子です。
宇都宮餃子会発足時からのメンバーで、宇都宮餃子の発展を支えてきた一店です。

冷凍餃子は宇都宮餃子会の共通パッケージに梱包されて配送されてきました。


続きを読む

ふるさと納税餃子その3:大阪の泉佐野市の活きふぐ専門店「夢芝居」のコラーゲンたっぷり餃子


東京餃子通信編集長の塚田です。

年末の駆け込みふるさと納税で次々に届く餃子たちをレポートします。

これまで紹介してきた
に続いて第3弾は、大阪府泉佐野市から「とらふくコラーゲン入り餃子」です。

「夢芝居」という活ふぐ専門店がお店でも出しているふぐを使った餃子です。

続きを読む
東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ