東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

関西

「小洞天」の透き通るスープの塩ラーメンと手延べサクサク焼きギョーザ【難波】


東京餃子通信編集長の塚田です。

関西出張の予定も全て終わり、新幹線の時間までにもう一軒ぐらい回れそうな時間が残っていたので難波の「小洞天」に向かうことにしました。

千寿ビルという飲み屋ビルの中に「小洞天」は店を構えています。

スナックやBARの中に1店舗だけラーメン・ギョーザ専門店が入っていました。



ビルの1階を奥に進んでいくと大きな黄色い暖簾がありました。

続きを読む

「味力亭」のニンニク風味と生姜風味の焼き餃子はコシヒカリの相性抜群【鶴橋】


東京餃子通信編集長の塚田です。

今回の関西出張では初日は京都で「鳳飛」と「楽仙楼」の2軒の餃子を堪能してきました。

2日目は大阪に移動。タイトなスケジュールだったのですが大阪でもなんとか2軒の餃子店を回る事ができました。

1軒目は鶴橋から。

関西出身の餃子好きの方にどこに行くべきか尋ねたところ真っ先に名前があがったのがこちら「味力亭」。

JR鶴橋駅の改札から徒歩3分ぐらいのところで黄色い「餃子専門店」の看板を見つけました。

「味力亭」は本家特派員が以前の記事で解説していましたが元々は丸正系の餃子店の一つとして営業されていたそうです。


続きを読む

ハルピン出身のお母さんが作る「楽仙楼」のモチモチ皮の水餃子と焼き餃子【京都】


東京餃子通信編集長の塚田です。

関西出張編ということで、前回の「鳳飛」に引き続き京都の餃子店をご紹介したいと思います。

鳳飛を後にして2軒目の餃子店を目指して「四条烏丸駅」に来ました。この周辺は最近おしゃれな飲食店が増えているエリアとのこと。

四条通りから路地を入ってすぐのところにお洒落なカフェ風の店構えの店を発見。こちらが2軒目の目的地「楽仙楼」です。本家特派員も以前ランチの取材に訪れています。

もともと下鴨にあった中国東北料理の専門店が移転をしてきたそうです。

続きを読む

堀川北大路の「鳳飛」でふんわり餃子とからし鶏【京都】



東京餃子通信編集長の塚田です。

先日またまた関西出張があったので大阪と京都の餃子店を巡ってきました。今回は1泊2日だったので京都と大阪でそれぞれ2軒ずつ、合計4軒の餃子店を食べ歩いてきました。

まずは京都から行ってみましょう。

京都駅から地下鉄で北上すること15分ほどの北大路駅に向かい京都の知人と待ち合わせ。

この周辺はかなりの高級住宅地らしく、大きなお屋敷が立ち並んでいます。東京で言ったら田園調布のようなイメージです。

駅から住宅街を10分ほど歩くと最初の目的地「鳳飛」の看板が見えてきました。

こちらは京都中華の老舗「鳳舞(2009年に閉店」の暖簾分け店として人気のお店です。



続きを読む

大阪餃子通信:芦屋で街中華『光』の餃子を食す


大阪餃子通信の現地特派員の本家ヲサムです。

今日はランチで職場の近くにある街中華の店『光』さんに初訪問。

芦屋らしからぬ雰囲気のお店です(苦笑)。




続きを読む
東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ