東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

東海・中部・北陸

【越後湯沢・六日町】スーパーのぐちで見つけた「愛食飯店」のジャンボ焼餃子


東京餃子通信編集長の塚田です。

長岡の花火大会のついでに越後湯沢に宿泊をして川遊び、山遊びと夏休みを満喫してきました。

湯沢は冬のスキーのイメージが強いですが、自然が一杯で夏も家族連れで楽しめます。


その湯沢の帰り道、おみやげを買って帰ろうとと関越道の湯沢インター近くにあるスーパーのぐちにやって来ました。

日本酒とか野菜とか、お米とか、おみやげ店で買うよりも安くて良い物が手に入ります。


続きを読む

【長岡】日本最大級の花火大会と「めんきち」のジャンボ餃子を堪能した夏休み


東京餃子通信編集長の塚田です。

先日、夏休みをとって長岡で開催された「長岡まつり大花火大会」に行ってきました。

国内で有数の規模の花火大会で、自分の視界に収まらないぐらいの花火が一気に目の前で上がります。

毎年花火大会が行われる8月2日、3日の2日間には長岡市の人口約30万人の3倍以上の100万人が長岡に集まるそうです。

そんな長岡でも旨い餃子を開拓するため、地元出身の友人に聞いてきたのがこちらの「めんきち」という地元で人気のラーメン店。

長岡造形大学と近代美術館の近くにあります。



花火大会当日のランチタイムということもあり、駐車場もほぼ満車でした。

行列は出来てませんでしたが、店内の席もほぼ埋まっていました。

玄関ではカエルがお出迎えをしてくれます。

続きを読む

ご当地餃子の祭典「全国餃子祭り in うつのみや」レポート(6):学校給食が産んだデッカイ揚げ餃子「津餃子」


東京餃子通信編集長の塚田です。

連載中の「全国餃子祭り in うつのみや」レポートですがまだまだ続きます。

ご当地餃子G10からの紹介が今回が最後。
三重県の津ぎょうざ国のご紹介です。


続きを読む

ご当地餃子の祭典「全国餃子祭り in うつのみや」レポート(3):ピンク色が可愛い「春の桜薫る伊那餃子」


東京餃子通信編集長の塚田です。

まだまだ全国餃子祭り in うつのみやからご当地餃子のレポートが続きます。
ここまで八幡鉄鍋餃子、仙台青葉餃子とご紹介してきましたが、今回は長野県からやって来た伊那餃子国。


続きを読む

信州戸隠の8年ものの行者にんにくを使った「行者にんにく餃子」作りに挑戦


東京餃子通信編集長の塚田です。

長野県で行者にんにくを使った餃子を作っている美勢商事さんにお誘いいただいて、行者にんにくの収穫に行って来ました。

長野駅から車で1時間弱の戸隠高原に行者にんにく畑があります。
戸隠連山が見える標高1000mぐらいの場所です。



行者にんにくは山中で厳しい修行に励む僧侶たちが「にんにくのように精がつく」と好んで食べたのがその名の由来となっている山菜。

疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収を促進するアリシンがニンニクの4倍も含まれているなど、滋養強壮効果が非常に高い食材です。

暑さに弱いので甲信越地方、東北、そして北海道で採れます。

畑でも栽培ができて、通常は2年〜4年ぐらいで出荷ができるとのこと。

しかし、美勢商事の契約農家では、なんと8年もの年月をかけてじっくりと育てていました。
株を育てるのに4年。更に畑に植えてから4年。

うちの次男が今年8歳なので、今年収穫できる行者にんにくは同級生です。


続きを読む
東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ