東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

神奈川

根津で見つけた「蓬莱春飯店」の鶴見本店で餃子定食【鶴見】


東京餃子通信編集長の塚田です。

根津の「海上海」の帰り道、千代田線の根津駅に向かう途中「餃子の」と大きく書かれた看板を発見。

店名の「蓬莱春飯店」よりも枕詞的についている「餃子の」による餃子アピールの強さに驚きました。

千駄木店ということで、本店所在地を調べてみると本店が鶴見にあるということが判明。

後日あらためて本店を訪れることにしました。



本店は鶴見駅前のフーガの地下飲食店街にあります。

ここは鶴見の街中華の老舗「満洲園」のある飲食店街です。



階段で地下1Fに降りていき、満洲園の前を抜けて奥に進んでいくと壁一面にメニューがならんでいるキラキラしたお店を発見。

こちらが根津で見つけた蓬莱春飯店の本店です。

続きを読む

かわさき餃子舗の会「六龍」で特製みそダレの餃子と焼きそば【川崎】


東京餃子通信編集長の塚田です。

TVKのローカル番組「LOVEかわさき」でまだ未開拓が紹介されていました。

国道1号線の多摩川大橋近くにある東芝の裏辺りにある「六龍」というお店です。

最寄りの駅はないので車で訪問しました。


続きを読む

薬膳水餃子専門店「瓦奉店」でヒスイ水餃子と海老入り水餃子



東京餃子通信編集長の塚田です。

過去に何度も本ブログに登場している新丸子の「瓦奉店」。
小さなお店ながら薬膳水餃子の専門店として各種メディアなどにも取り上げられている人気店です。

先日、等々力競技場に行った帰りに久しぶりに新丸子駅に来たので立ち寄ってみることにしました。

続きを読む

横浜最古の味を引き継ぐ「ウミガメ食堂」のワンタンサンマー麺【センター南】


東京餃子通信編集長の塚田です。

本日は、餃子ではなくワンタンの美味しいお店を紹介したいと思います。
ワンタンも餃子も起源は一緒なので当ブログの守備範囲です。

場所は横浜市営地下鉄のセンター南駅。港北TOKYU S.C.の裏あたりに位置します。

駅から向かうとまず「中華そば」と書かれた赤い立て看板が見えてきます。



この建物が坂の途中にあるので駅からのアクセスは2階の高さ。

お目当ての「ウミガメ食堂」は1Fにあるので階段を下りていきます。

続きを読む

活菌酒場「菌太郎」で菌料理と麹餃子を堪能 【野毛】


東京餃子通信編集長の塚田です。

野毛で前々から気になっていた「菌太郎」に行ってきました。

日の出町駅から桜木町方面に2分ぐらい歩くと2階の窓に「活菌酒場 菌太郎」書かれているお店が見つかります。

「活菌酒場」って初めて聞くジャンルです。

続きを読む
東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ