東京餃子通信編集長の塚田です。

全国には特徴的な餃子はたくさんありますがその中でも異彩を放つのが「ホワイト餃子」。

創業者が白(パク)さんから餃子の作り方を習ったということから始まったホワイト餃子は、その後「ホワ餃」の愛称で多くのファンに愛され、今では北海道から鹿児島まで全国各地に支店や技術連鎖店をかかえる一大餃子チェーン店となっています。

これまで、高島平店や、巣鴨のファイト餃子、相模原の萬金などでホワイト餃子を食べたことはあったのですが、実は総本山に訪れたことはありませんでした。

先日、仕事で柏に行く機会があったので、少し足を伸ばして「ホワイト餃子野田本店」に初訪問してきました。

東武アーバンパークラインの愛宕駅から10分ほどあるいた住宅街のど真ん中に「ホワイト餃子野田本店」はあります。

まずは大きなモアイ像がお出迎え。

なぜモアイ像なのでしょう???



「本店」と書かれた大きな看板が掲げられています。

日中は生餃子のお持ち帰り専門店として営業され、夜は焼きたての餃子を店内で食べることができます。


続きを読む