東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

六本木・麻布

【西麻布】星条旗横丁「CHOVA」で中国料理世界大会の金メダリストの餃子と日本そばがコラボ



東京餃子通信編集長の塚田です。

西麻布にできた星条旗横丁の中で餃子が食べられるようになったという話を聞きつけたので、ゴールデンウィーク明けの平日夜に一人でふらっと立ち寄ってみました。

星条旗横丁は、星条旗通りに昨年できたRAULという施設の1Fにあります。上階には豪華なカラオケ付きラウンジがあったり、イベントホールがあったりします。

星条旗横丁には、東京で最近人気の各ジャンルのお店が集結しているそうです。



その星条旗横丁にこの春に新たに登場したのが「CHOVA」。
Soba & Gyozaのお店とのこと。

日本そばと餃子の組み合わせは珍しいですよね。

以前、平塚で人気の餃子店と聞いたいったお店が蕎麦屋だったということはありますが、それ以来かもしれません。


続きを読む

【タレコミ情報・麻布十番】鶏そばが人気の156(ICHIKORO)で餃子を「ドーン」と食べてみた




東京餃子通信編集長の塚田です。

またまた本日もタレコミ情報からのご案内です。
麻布十番のラーメン店の餃子が旨いという情報をいただきまして、ランチタイムにやってきました。

麻布十番駅の出口からすぐのところにある、おしゃれな雰囲気のラーメン店156。
これで「いちころ」と読ませるそうです。
鶏蕎麦十番 ICHIKORO
アクセス:東京メトロ南北線麻布十番駅4番口 徒歩1分
住所:〒106-0045 東京都港区麻布十番2-1-10(地図

鶏そばが人気のラーメン店なのですが、夜はBARとしても使えるようにサイドメニューが充実しているのも人気に秘密のようです。

店頭にも、餃子とたこ焼きの提灯があります。
どうやらソフトクリームもオススメメニューのようですね。

続きを読む

たれこみ情報【麻布十番】四川料理「瓢香(ピャオシャン)」の無化調のパクチー入り羊肉水餃子セット


東京餃子通信編集長の塚田です。

友人から「ランチが超お得!」と、タレコミ情報をもらったので、麻布十番の四川料理の「瓢香(ピャオシャン)」に行って来ました。

元々は代々木上原にあった四川料理の人気店が数年前に麻布十番に移転をして来たとのこと。

外苑東通り沿いのビルの地下にあります。
入り口は普通の中華店とそれほど変わらない雰囲気です。



ランチタイムの「農家楽(ノンジャーラー)」麺セットがオススメだと聞いたので、今回はこれがお目当て。

瓢香の公式サイトにはこのような記載が。
「農家楽」とは・・・
 中国で人気の「農家楽」。四川省成都が発祥とされ、 都市部の生活に疲れた人々が休日を農家で過ごす。 農村の緑に触れ、料理を楽しむことでリフレッシュする。

まだ化学調味料のなかった時代の昔の素朴な田舎料理を再現したということです。



続きを読む

青山霊園近くの山小屋風「かおたんラーメンえんとつ屋」の焼き餃子

西麻布の交差点から青山墓地方面に向かって行くと山小屋のような建物が見えてきます。
こちらが「かおたんラーメン煙突屋」。
写真には写っていませんが、煙突が何本もたっています。

以前から店の前を通るためにその外見が気になっていたのですが、餃子も旨いという情報を聞きつけまして、この日、初めての来店となりました。



続きを読む

一個400円のセレブな焼き餃子@登龍麻布店

麻布十番の老舗の四川料理屋の登龍さんの餃子は馬鹿みたいに高い。

なんと一個400円!一皿の値段ではありません。一個です。
ちなみに一皿は5個入りで2000円。宇都宮にいけば10皿食べられます。



続きを読む
東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ