東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

池袋

陽光城の上階にできた「陽光食坊」の本格上海ワンタン【池袋】


東京餃子通信編集長の塚田です。

池袋北口を出てすぐのところに「陽光城」という24時間営業の中華食材店があります。

この一角は横浜の中華街よりも中国っぽく、店内でも中国語が飛び交っています。中国本土に来たみたいな雰囲気です。

この「陽光城」の2階に「陽光食坊」なる中華料理店がオープンしました。



「陽光食坊」の入り口へは「陽光城」の裏の階段を上っていきます。


続きを読む

「線條手打餃子専門店」で台湾生まれのカラフルな餃子を食す【池袋】


東京餃子通信編集長の塚田です。

前から気になっていた池袋の餃子専門店にようやく訪問することができました。

池袋西口から徒歩5分ほどにある「線條手打餃子専門店」は、台湾料理と餃子の専門店です。

この日はラストオーダー直前に滑り込むようにお店に入りました。

お店はとても狭く全部で6席。あっという間に席が埋まってしまうので事前に席が空いているか電話で確認をした方が良さそうです。

続きを読む

タレコミ情報:「新珍味」名物のターローメンと焼き餃子【池袋】


東京餃子通信編集長の塚田です。

タレコミ情報をもとに池袋西口にやって来ました。

西口の出口から徒歩3分ほど進んだ路地の角に「北京 餃子 ターローメン」と書かれた看板を2つ発見。

店名は「新珍味」。看板のフォントがとても可愛らしいですね。

早速店内へ。


続きを読む

延辺料理の黒い「土豆餃子」と自動串焼機が楽しい「千里香」【池袋】


東京餃子通信編集長の塚田です。

昨年、dressingのクック井上。さんの「ぷるっぷるの衝撃! 餃子マニアも驚く、中国東北のソウルフード「黒い餃子」が旨すぎてやばい」という記事で日本でもあの黒い餃子がたべられるということを知りました。

数年前に北京を訪問した時に行った北朝鮮政府直営のレストラン以来、あの黒い餃子に出会うことはありませんでした。

そんな黒い餃子に再会するためにdressingの記事で紹介されていた池袋の「千里香」に会社の同僚たちとやってきました。

「千里香」は中国東北料理、特に延辺料理の専門店です。

延辺料理というのは中国の朝鮮族の料理で、最近日本でも人気があり大久保や池袋などで専門店が幾つもできているようです。


続きを読む

毎日20食限定の「開楽」ジャンボ海老餃子と相性抜群のチリソース【池袋】


東京餃子通信編集長の塚田です。

久しぶりに打ち合わせで池袋に来る機会があったのでジャンボ餃子で有名な「開楽」に久しぶりにやってきました。

実はリニューアル後、初めての訪問。つまり2年以上ぶりの来店です。

落ち着いた感じの店舗デザインは以前の開楽とは異なりますが、ジャンボ餃子推しのところは相変わらずです。


続きを読む
東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ