東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

蒲田

トシさんに聞きにくい事を聞かれた「餃子 One」の羽根付き餃子【蒲田】


東京餃子通信編集長の塚田です。

蒲田といえば你好、歓迎、金春、春香園の羽根つき餃子四天王が有名ですが、この他にも羽根つき餃子を出すお店があります。

蒲田駅から蓮沼駅方面に歩いて7~8分ほどのところにある餃子 Oneもそのうちの一つ。

中華屋さんらしからぬ青い看板のお店です。

続きを読む

蕎麦屋なのに両面焼き餃子が旨い「末広」【川崎】



東京餃子通信編集長の塚田です。

先日、料理芸人のクック井上。さんから、川崎方面で気になるお店を見つけたということでタレコミ情報をいただきました。

週末にその情報をもとにジョギングついでに国道1号線沿いを探索。多摩川のすぐ近くの東芝研究開発センターをランドマークに、そのお店を探します。



クック井上。さんの情報をもとにたどり着いたのがこちらのお店「末広」です。

大きく「おそば」と書いてある通りこちらはお蕎麦屋さん。
昔から学校とか工場の近くにはこういうお蕎麦屋さんが必ずありましたよね。

店の前には出前用のカブが停まっています。



のれんにも「うどん・そば」と書かれています。



しかし、看板をみあげると赤い文字で「中華料理」の文字が。

そしてショーケースを覗くと、中の食品サンプルがピカピカの状態に保たれています。
こういう細かいところを丁寧に掃除をしているお店は良店間違いなし!

とにかく店の中に入ってみましょう。

続きを読む

【糀谷】日本在住の中国人が選ぶNo.1餃子が食べられる「珍味楼」


東京餃子通信編集長の塚田です。

糀谷の「万福食堂」から駅への帰り道に商店街で「珍味楼」という中国料理店を発見。

「マダム陳のおもてなし料理」のキャッチコピーや取材をうけた雑誌の記事など、店頭に気になる情報が沢山ならんでいたので、ついつい足を止めてしまいました。


続きを読む

【糀谷】酒場放浪記や寄生獣のロケ地になった「万福食堂」で酒場餃子


東京餃子通信編集長の塚田です。

先日の『白子鍋・あんこう鍋の「豊田屋」の夏は餃子で楽しむ』でも書きましたが最近餃子のうまい酒場の探索にハマっています。

しかし、私には良い酒場を見つける能力はまだ備わっていないので、情報源はタレコミ情報もしくは「吉田類の酒場放浪記」に頼ることになります。

今回は酒場放浪記に出演店を蒲田のお隣「糀谷駅」近くにある「万福食堂」を訪れました。

定食・中華と書いてありますが「清酒白鹿」の文字が目立っています。
完全に酒場の看板です。

雰囲気がありますねぇ。

ショーケースには中華メニューといっしょに刺身や焼き魚が並んでいます。


続きを読む

「食べない食べ歩きツアー 〜蒲田の餃子編〜」のガイドを務めました


東京餃子通信編集長の塚田です。

7月末にちょっと変わったツアーのガイドを務めました。

その名も「食べない食べ歩き歩きツアー 〜蒲田の餃子編〜」。

羽根付き餃子発祥の地である蒲田周辺の餃子を巡るツアーなのですが、すべてのお店を食べ歩くわけではありません。

まずは開店前の時間に各店舗を巡って外観と餃子の写真を見ながらお店の解説だけを行い、食欲を思いっきり刺激してから一旦解散。その後、各自で気になった店に行って餃子を食べるという新スタイルの食べ歩きツアーです。

企画は「東京別視点ツアー」。代表の松澤さんとはライブドアブログ奨学生の同期ということもあり、今回ツアーガイドに指名をいただきました。


続きを読む
東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ