東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

新丸子・武蔵小杉・元住吉

薬膳水餃子専門店「瓦奉店」でヒスイ水餃子と海老入り水餃子



東京餃子通信編集長の塚田です。

過去に何度も本ブログに登場している新丸子の「瓦奉店」。
小さなお店ながら薬膳水餃子の専門店として各種メディアなどにも取り上げられている人気店です。

先日、等々力競技場に行った帰りに久しぶりに新丸子駅に来たので立ち寄ってみることにしました。

続きを読む

【武蔵小杉】深夜の「元祖ニュータンタンメン本舗」でみそ餃子とタンタンメン


東京餃子通信編集長の塚田です。

夕飯を食べずに0時過ぎの武蔵小杉という状況で深夜の餃子難民になりかけたところ、近くにニュータンタンメン本舗の武蔵小杉店を見つけました。

ニュータンタンメンは、川崎から横浜の北部ではソウルフード的存在のオリジナルのタンタンメンを出すラーメンチェーン店で餃子にも力を入れています。

深夜0時過ぎだというのにお店は満席。

終電を気にしながらも、他に選択肢がないので少しそとで待つことにしました。



続きを読む

【元住吉】台湾に来たかと錯覚する「美(メイ)」の魯肉飯と水餃子


東京餃子通信編集長の塚田です。
元住吉駅前に、3年前からある台湾料理店「美」。
元々は「生福園」という名前の店だったのに、いつの間にか店名が変わっていました。

この日久しぶりに再来訪しましたのですが、店名だけでなくメニューも大分パワーアップしてました。


アクセス:東急東横線元住吉駅西口 徒歩2分
住所:〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月1-33-21(地図

駅から徒歩2~3分。
ブレーメン通り商店街から少し横道に入ったところに、台湾国旗が並ぶお店が見つかります。



続きを読む

【武蔵小杉】グランツリーに原宿餃子楼が出店




東京餃子通信編集長の塚田です。

武蔵小杉の駅前に先月末に誕生したグランツリーに行ってきました。
グランツリー武蔵小杉はセブン&アイホールディングスが新たにしかける大型商業施設で、飲食店の誘致にもかなり力を入れています。

そんなグリンツリーに餃子専門店は2店舗誘致されています。
一つ目はフードコートに出店している餃子の王将。
王将のセルフ店というのも珍しいですよね。もしかするとこれが初かもしれません。
詳しい方がいたら教えてください。

もう一つは、原宿でいつ行っても行列が絶えない「原宿餃子楼」。
こちらも商業施設への出店は初めてだと思われます。

平日の夜に訪問したのですが、さすがに12月だけあって完全にクリスマスムード。
イルミネーションがとてもきれいでした。



続きを読む

【新丸子】水餃子の名店「瓦奉店」で食べる揚げ餃子




東京餃子通信編集長の塚田です。

久々に新丸子の「瓦奉店」にやってきました。
水餃子専門 瓦奉店
アクセス:東急東横線新丸子駅西口 徒歩3分
住所:〒211-0005 神奈川県川崎市中原区新丸子町691-1 鈴八ビル1F(地図

瓦奉店は、かつて六本木で大変人気を誇っていた水餃子店を新丸子で復活させたという知る人ぞ知る水餃子の名店。

新丸子は毎日通っているのですが、なかなか途中下車をする機会がなく足が遠のいていたのですが久しぶりに訪れるチャンスがありました。




黒板の手書きに気になる記載が、、、

「伊勢丹デパートのおとりよせ企画に参加いたします!!」

とのこと。




伊勢丹こだわりグルメクラブというのは、頒布会制度のようなもので月に一回こだわりのお取り寄せメニューがお届けされるようです

餃子・点心コースの11月に瓦奉店は登場していました。宇都宮みんみんや神戸の元祖ぎょうざ苑、銀座の飛雁閣など、名だたる餃子・点心の有名店に肩を並べて、紹介されていました。

素晴らしいですね。
瓦奉店ファンとしては誇らしいです。




続きを読む
東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ