東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

世界の餃子風料理

「トルコアズ」でトルコ餃子「マントゥセット」【池袋】


東京餃子通信編集長の塚田です。

お昼時に池袋西口の東京芸術劇場の裏を歩いているとトルコの国旗をかかげた幟を発見。

トルコにも餃子に近い料理があるので、この日のランチはトルコ料理にすることにしました。



幟のある路地を入っていった突き当たりに「TURKUAZ(トルコアズ)」を発見。


続きを読む

都内唯一のパラグアイ料理専門店「アミーゴ」でエンパナーダ4種食べ比べ【赤坂】



東京餃子通信編集長の塚田です。

以前、楽天の「それどこ」の「ユーラシア大陸は餃子でつながっている! 中国からヒマラヤを越えてトルコ、ヨーロッパまでご当地「餃子」の旅」という記事でも紹介しましたが、世界にはいろんな餃子料理があります。

中東からユーラシア大陸全土に広がった餃子は、スペイン文化とともに南米にも渡っています。

今回ご紹介するのはなんとパラグアイの餃子。

赤坂のパラグアイ料理専門店「アミーゴ」にお邪魔しました。



「アミーゴ」は、東京で唯一のパラグアイ料理専門店。
この日は、パラグアイの民族楽器アルパ奏者のルシア塩満さんに案内いただきました。


続きを読む

【赤坂】アフリカ料理「SAFARI」でワット4種とアフリカン餃子2種を堪能


東京餃子通信編集長の塚田です。

世界各国に餃子風の料理がありますが、今回はアフリカはエチオピアの餃子にチャレンジしてみたいと思います。

向かったのは赤坂にある「SAFARI AFRICAN RESTAURANT BAR」。

SAFARIは、エチオピア出身のご主人が作る北アフリカ料理が人気のお店です。
赤坂みすじ通り沿いに出ている看板が目印。




雑居ビルの階段を上がっていくとSAFARIの入り口があります。

「おいしい!たのしい!スパイシー!」がキャッチコピーのようです。


続きを読む

【有楽町】ドイツ餃子「マウルタッシェン」と樽生ビールが楽しめる「JSレネップ」


東京餃子通信編集長の塚田です。

先日、丸の内朝大学「Love! 餃子クラス」で「世界の餃子」についての講義を行ったのですが、その準備を兼ねて、ドイツの餃子を食べてきました。

お店は有楽町のガード下にある「JSレネップ」。



「JSレネップ」1974年創業の老舗ビアホール。
40年以上前にドイツビールを生で出している店は相当珍しかったのではないでしょうか。

樽生のドイツビールはもちろんのこと、様々なドイツ料理が食べられるということでも人気のお店です。


続きを読む

【大久保】冷麺の人気店「板橋冷麺」で韓国版のキムチ入り水餃子を発見


東京餃子通信編集長の塚田です。

仕事で大久保に来たので近場でランチを探していると「板橋冷麺」という冷麺の専門店の店頭で気になるメニューを発見しました。

ちなみに店名は「いたばしれいめん」ではなく「ばんぎょれいめん」と読むそうです。

どうやら本場韓国ではかなり有名な冷麺専門店のようです。



店の入り口に大きな写真で、韓国肉野菜餃子と韓国キムチ餃子の2品が紹介されています。
ランチでも提供されているようだったので、店内に入ることにしました。


続きを読む
東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ