東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

餃子レシピ・自宅餃子

息子が育てた白菜で手作り餃子鍋


東京餃子通信編集長の塚田です。

明けましておめでとうございます。

皆さんはどのように新年を迎えましたか?昨晩は年越しそば&餃子という、日本と中国の両方のスタイルで新年を迎えた塚田家でした。

昨年は進化系餃子が今年の一皿の特別賞に選ばれるなど餃子への注目が高まった1年でしたが、2017年はどんな年になるのか楽しみですね。

2017年最初の投稿は基本に立ち戻って自作の餃子についてご紹介したいと思います。

昨年末に次男から「白菜を育てたので餃子を作って欲しい」というお願いをされました。

次男がベランダで植木鉢を使って育てた白菜がこちら。

丸く巻くところまでは育ちませんでしたが、何とか食べられる大きさには育ちました。


続きを読む

ニラ入り親子餃子(焼・水)を作ってみた


東京餃子通信編集長の塚田です。

ちょっと前に新作餃子をを作ってみました。
親子丼ならぬ親子餃子です。

それでは、作り方をご紹介。

まずは、餡を作っていきましょう。

分量はメモをなくしたので適当です。
鶏もも肉を粗みじん切り。

続きを読む

女性セブンの餃子特集で我が家の「白菜浅漬け餃子」レシピを紹介



先週発売された女性セブン8月18・25日合併号で「餃子の確証」と題した餃子特集が組まれました。

浜松や宇都宮の人気店のレシピなど紹介する全8ページ。
保存版というだけあって、かなり力の入った企画です。


続きを読む

信州戸隠の8年ものの行者にんにくを使った「行者にんにく餃子」作りに挑戦


東京餃子通信編集長の塚田です。

長野県で行者にんにくを使った餃子を作っている美勢商事さんにお誘いいただいて、行者にんにくの収穫に行って来ました。

長野駅から車で1時間弱の戸隠高原に行者にんにく畑があります。
戸隠連山が見える標高1000mぐらいの場所です。



行者にんにくは山中で厳しい修行に励む僧侶たちが「にんにくのように精がつく」と好んで食べたのがその名の由来となっている山菜。

疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収を促進するアリシンがニンニクの4倍も含まれているなど、滋養強壮効果が非常に高い食材です。

暑さに弱いので甲信越地方、東北、そして北海道で採れます。

畑でも栽培ができて、通常は2年〜4年ぐらいで出荷ができるとのこと。

しかし、美勢商事の契約農家では、なんと8年もの年月をかけてじっくりと育てていました。
株を育てるのに4年。更に畑に植えてから4年。

うちの次男が今年8歳なので、今年収穫できる行者にんにくは同級生です。


続きを読む

橘田いずみさんの『本日も餃子日和。』で知ったねぎ汁に感動


東京餃子通信編集長の塚田です。

先日発売された橘田いずみさんの餃子レシピ本「本日も餃子日和。」を参考に餃子を作って見ました。



当ブログの記事「GWに読んで欲しい餃子本その3「本日も餃子日和。」by 橘田いずみ」でも先日ご紹介しましたが、「本日も餃子日和。」には74種類もの餃子レシピが掲載されています。

各レシピは基本の肉あんに一種類の具材を足すだけという非常なシンプルなものなので、今回は2種類に挑戦してみました。


続きを読む
東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ