東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

高円寺・阿佐ヶ谷

【新高円寺】『うますぎ!東京ギョーザ』で見つけた「タカノ」の地元密着手作り餃子



東京餃子通信編集長の塚田です。

みなさんもご存知だと思いますが、餃子の王様として全国の餃界人のトップに君臨し、幻の会員制餃子店「蔓餃苑」の店主でもあるパラダイス山元さんが昨年9月に『うますぎ!東京餃子』というコミックエッセイを発刊されました。

この本には王様オススメの19店の餃子店が紹介されているのですが、そのうち3店舗が未踏のまま残っておりそれがずっと気がかりになっていました。



未踏店は超高級餃子の丸の内「福臨門 家全七福」と私の活動範囲から少し外れている江古田の「南湖」と新高円寺の「タカノ」でした。

このまま放置するわけにはいかないと、ようやくそのうち1店舗の「タカノ」に行ってきました。

中華料理 タカノ
アクセス:東京メトロ丸ノ内線新高円寺駅2番口 徒歩4分
住所:〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-6-1(地図

新高円寺駅から荻窪方面に3分程度歩いていくとオレンジの建物が見えてきます。

このオレンジの建物が『タカノ』です。

中華料理店というよりも街の食堂といった雰囲気でしょうか。




かわいらしい七福ねこの暖簾がお出迎えをしてくれます。


続きを読む

【阿佐ヶ谷】餃子とクラフトビールが同時に楽しめるWASH1N TOKYO




東京餃子通信の塚田です。

餃子の相棒といえば何を思い浮かべますか?

白米?
ラーメン?
チャーハン?
タンメン?

色々と候補はあがると思いますが、やはり「ビール」が最強なのではないでしょうか。

そんな、餃ビーをこよなく私にとって朗報が。

なんと餃子とクラフトビールが同時に楽しめるお店があるという情報をいただきました。

というわけで向かったのは中央線の阿佐ヶ谷駅。中央線沿線は餃子の人気店が集まる注目ラインです。

今回の目的地は、阿佐ヶ谷駅から徒歩数分のところにある「WASH1N TOKYO」。昨年10月に南阿佐ヶ谷にあった餃子専門店が移転を機会にクラフトビール推しの餃子店に転換したとのことです。

WASH1N TOKYO
アクセス:JR中央本線(東京-塩尻)阿佐ヶ谷駅西口 徒歩2分
住所:〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南3-34-15 1F(地図

開放的で明るい雰囲気のお店です。

最近は、このように女性でも入りやすい雰囲気の餃子店が増えてますよね。



看板には可愛らしい餃子のロゴが。


続きを読む

高円寺餃子食べ歩きツアー(最終回):「たちばな」の餃子0円ってマジですか?

前回まで3回続いた高円寺餃子食べ歩きツアーも今回が最終回。

最終目的地は、中央線ガード下にある「たちばな」です。
高円寺は商店街だけでなくガード下にも魅力的な店が立ち並んでいます。
そんなガード下飲み屋街を抜けていくと餃子の看板が見えてきます。

この餃子の看板に強烈な文字が。


続きを読む

高円寺餃子食べ歩きツアー(3):きたな美味い店「赤天」

丸山餃子製作所と餃子バルの2軒で餃子を堪能した高円寺餃子食べ歩きツアー一行ですが旅はまだまだ続きます。

3軒目は高円寺純情商店街の中に位置する赤天。当初はツアーの目的地ではなかったのですが、たまたま店の前を通ったところ、ただならぬオーラを出していたので立ち止まってしまいました。

どうですこの店構え。


続きを読む

高円寺餃子食べあるきツアー(2):餃子バルで薄皮&エスニック

前回に引き続き高円寺餃子食べ歩きツアーです。

2軒目は丸山餃子製作所とは駅の反対側、早稲田通り沿いにある「餃子バル」です。

バルとはスペインのBarのこと。酒場ですね。

餃子+スペインバルという全国でもここだけでなないかというユニークなコンセプト。
店の外観も普通の餃子屋とはちょっと違う感じです。


続きを読む
東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ