東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

立川・府中

立川の隠れ家「ぎょうざ工房」でヘルシーさっぱり餃子のフルコース




東京餃子通信編集長の塚田です。

仕事の打ち合わせで八王子まで行った帰り道に中央線の立川駅で途中下車。
立川にはどういうわけか餃子の有名店が多数集まっています。

立川に来る機会が少ないので一気に何店もの餃子を食べ歩きたいところではあるのですが、今回は1店舗でじっくりと餃子を味わうことにしました。

そこで選んだのは「ぎょうざ工房」。
実はぎょうざ工房に来るのは1年以上ぶりかもしれません。

ぎょうざ工房
アクセス:多摩都市モノレール線立川南駅 徒歩4分
住所:〒190-0023 東京都立川市柴崎町3-11-25(地図

長期休暇だったり、満席だったりと、ここのところ縁がなかったのですが、この日は事前に電話確認をしてから来店しました。

南口から5分ほど歩いた住宅街の中でひときわ目立つ青い建物。
高原のペンションのような佇まいです。

続きを読む

【立川】「餃子のさんくみ」で絶品スープの炊き餃子


東京餃子通信編集長の塚田です。

仕事で中央線沿線にやって来たので、そのまま帰りに立川によってみました。

立川にはどういう訳か餃子推しの中華料理屋や居酒屋が多数ある隠れた餃子タウン。
まだ開拓できていないお店がいくつも有ります。

その中で、この日訪れたのが「餃子のさんくみ」。

餃子のさんくみ
アクセス:JR中央線立川駅 北口 徒歩4分
住所:〒190-0012 東京都立川市曙町2-30-1(地図

駅の北口から少し離れた立川通りにあります。

「餃子」と書かれた提灯が目印。


続きを読む

【立川】新宿「随園別館」の支店1号店は新丸ビルではなく立川にあった




東京餃子通信編集長の塚田です。

今から約20年前、新卒で勤めた会社が新宿御苑前にあり、近くにあった随園別館にはランチに夕飯に頻繁に通っておりました。

職場は新宿から離れてしまったものも、その後も随園別館の水餃子が食べたくなり時々足を運んでいました。

先日、立川に行った際に駅ビルのクランデュオ立川の中で随園別館を偶然発見。

随園別館 グランデュオ立川店
アクセス:JR立川駅 徒歩1分
住所:〒190-8554 東京都立川市柴崎町3-2-1 グランデュオ立川7F(地図

夕方だったのですが、せっかくなので軽く餃子を食べていくことにしました。


続きを読む

【タレコミ情報・立川】横田基地のアメリカ人も惚れ込む「餃子天国」の迫力満点ジャンボ餃子


東京餃子通信編集長の塚田です。

最近気づいたことなのですが立川にはなぜか個性的で美味しい餃子店が集まっています。

そんな立川にお住まいの読者の方からからまたまたタレコミ情報をいただきました。
しかも別々の2人の方からそれぞれ魅力的なコメント付きの情報です。

タレコミ情報によると、

「私は、立川で一番美味しい餃子のお店だと思っています。」

「立川にある餃子天国は、横田基地のアメリカ人も食べにくるボリューム満点の餃子が特徴です。」

餃子天国って店名からして期待ができそうですよね。

立川で一番で、横田基地のアメリカ人を魅了するボリューム感とはどんな餃子なのでしょう。
これは取材に行かねば、ということで立川の「餃子天国」にやってきました。

餃子天国
アクセス:JR立川駅 北口・南口 徒歩5分
住所:〒190-0022 東京都立川市錦町1-5-12 サンパークビル101(地図

立川南口から線路沿いに新宿方面に5分ほどあるいた雑居ビルの1階に餃子天国があります。
かなりわかりにくい場所なので地図は必携です。

雑居ビルの入り口に小さな看板がでているのでこちらが目印。



続きを読む

【東中神】ケンちゃん餃子直営の「彩と菜」のおかしな餃子が楽しすぎる


東京餃子通信編集長の塚田です。

先日、立川の昭和記念公園で開催されたマラソン大会に参加をしてきました。
快晴で気持ち良く走れたので1人で打ち上げに行く事にしました。

いつもは立川口の門を使っているのですが、今回は逆側の昭島口から公園を出ます。



徒歩で15分ぐらい歩くと、青梅線で立川から2つ目の駅「東中神駅」に到着します。

こちら東中神駅には、前から気になっていた餃子店があるのです。

駅前はロータリーになっているのでぐるっとまわってお店を目指して歩きます。




途中、クジラの銅像を見つけました。
昭島市は昔は海の底だったらしくクジラの化石が発掘されたことから、クジラが市のシンボルになっています。



というわけで駅前の目抜き通りもくじらロードと呼ばれています。



このくじらロードの一角にあるのが餃子とタンメンの店「彩と菜」。

タンメンと餃子の専門店 彩と菜
アクセス:JR青梅線東中神駅 徒歩2分
住所:〒196-0034 東京都昭島市玉川町1-3-1(地図

こちらがこの日の目的地です。



看板の表記にも現れている通り、麺類よりも全力で餃子を推している彩と菜ですが、その理由は後ほどご紹介します。

餃子パーティーを開く事もできるようです。

餃子パーティーって言葉の響きはワクワクしますよね。




店内に入るとまずは「本日のおかしな餃子」の立て看板がお出迎え。

おかしな餃子って何でしょう?
  1. コーンチーズ餃子
  2. ロースハム・しそ餃子
  3. 梅バラ肉餃子

の3つのメニューが掲示されています。


確かに普通ではない具材です。



続きを読む
東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ