東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

大連仕込みの本格手作り餃子とお酒が楽しめる「餃子バル 高」【青葉台】

スポンサードリンク

東京餃子通信編集長の塚田です。

田園都市線の青葉台駅に、本格的な餃子を出す餃子バルができたというタレコミ情報をもとに、久しぶりに青葉台駅へ。

駅から10分弱歩いて「餃子バル 高」に到着。

「たか」ではなく「こう」と読むそうです。

 

ぱっと見は餃子ブームに乗っかて来たオシャレ餃子店にも見えますが、かなり餃子づくりには自信がある様子。

これは期待が持てそうです。

 

一人で来たのでカウンターに。

横浜の地ビール「横浜LAGAR」があったので、まずはこちらでのどを潤します。

ラガービールですが、エールビールのようなフルーティな香り。

そしてグビグビと飲めるすっきりとした味わいです。

これは餃子に合いそうです。

 

餃子メニューはかなり豊富。

一つのサイズが大きいようで、一皿3個が標準の様です。

 

通常メニューの他にも限定(?)餃子がありました。

これだけあると選ぶのが大変。

 

料理の素材にはかなりこだわっているようで、皮も餡もタレもすべて手作り。

青葉台の住人の方は、こういう素材へのこだわりとかをちゃんと評価してくれそうですよね。

何となくのイメージですが、、、

 

まずは人気No.1の焼き餃子。

注文が入ってから目の前で大連出身のお姉さんが皮伸ばしから初めて作りたての餃子を焼いてくれます。

日本に来てから長いらしく、日本語も流暢です。

日本人の餃子の好みを知るために餃子の有名店を巡るなどしていて、かなり熱心に餃子研究をされています。

 

注文から10分ぐらいして木製の皿に3個の餃子とタレと一緒に盛りつけられて登場。

手作りなので結構じかんがかかります。

 

焼き加減も良い感じですね。

研究の成果なのか、底面を広くとった焼餃子に適した包み方になっています。

 

皮はあまり厚くせずに中厚ぐらい。

底面はカリッと、皮はモチっとした両方の良い食感が楽しめて、小麦の風味も感じられるとても良い質の皮です。

皮の中にパンパンに詰められた餡は豚肉と野菜のバランスが良く、とてもジューシーな仕上がり。

下味は控えめにしてあり、豚肉の旨味と野菜の甘さがそのまま感じられます。

 

焼餃子専用のタレをつけて味を調整。

3つ餃子があるので、最初はそのまま食べて徐々に味を濃くしながら食べてみました。

 

続いてアレンジ餃子の鶏肉とキノコのヘルシー餃子。

焼餃子の上からバジルソースとチーズがかかったイタリアンのような餃子です。

 

焼き面を確認すると、こちらも完璧な焼き上がり。

ソースが映えるようにヒダを上にしてお皿に並べているのだと思いますが、この焼き色も是非見てもらいたいですね。

 

餡は鶏肉にキノコが数種類練りこまれていています。

キノコの香りと旨味が特徴的。

バジルソースとチーズとの相性がとても良いです。

ワインに合わせたくなるような餃子ですね。

 

締めの餃子には、餃子を包んでいる女性が大連出身ということだったので、サバとピーマンの水餃子をオーダーしました。

大連は沿岸部なのでサバやサワラといった魚や、貝類を使った餃子が良く食べられます。

ピーマンも日本の餃子にはあまり使われないですが、中国では餃子の具材として一般的に使われます。

 

サバとピーマンの餃子は包み方も特徴的。

白髪ねぎとネギダレが添えられています。

 

皮は焼餃子に比べると厚めに作られています。

ミンチにされたサバにピーマンも多めに混ぜられています。

サバはそのまま餃子に使うと青臭くなりそうな気がしますが、ピーマンの効果で全然気になりません。

脂たっぷりのサバでとってもジューシー。

サバの美味しさを引き出す、とても美味しい餃子でした。

 

3種類の餃子、どれもレベルが高く美味しかったのですが、私の中ではサバの餃子が一番でした。

手作り餃子の種類もお酒の種類も豊富な、超本格派の餃子バル。

こういうお店が地元にあったら通っちゃいますね。

餃子は一皿3個ずつの様なので、3の倍数の人数で行くと数多くの餃子が楽しめると思いますよ。

 

餃子バル 高餃子 / 青葉台駅
夜総合点★★★★★ 5.0