東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

新川崎の生餃子持ち帰り専門店「餃子舗大陸」は抜群のコスパ

スポンサードリンク

新川崎駅から尻手黒川にむかってずんずんと進んだところに餃子舗大陸という生餃子の持ち帰り専門店があります。

生餃子の専門店というのは神奈川では非常に珍しい存在です。

以前から気になっていたのですがなかなか店が開いている時間に来店できずにいたのですが、今回やっと購入することができました。


店主さんに聞いた所、開店時間は餃子が出来上がってから、餃子が売り切れるまで。
かなりアバウトですが、午後2時半ぐらいにはだいたい開店していることです。

大陸の餃子の魅力は、とにかくその価格の安さ。
なんと、1パック20個で420円。1個あたり21円という首都圏ではあり得ないお値段。

餃子の王将の生餃子が持ち帰りで6個で231円なので、その安さがお分かりいただけるかと。




さらに餃子の素材は安心の国産品。小麦から豚肉、野菜まで国産にこだわっているとの事です。

また機械包みではあるのですが、その日につくった餃子をその日のうちに生餃子といして販売するのが大陸のこだわり。冷凍はしないんですね。




生餃子がきれいにトレイに並べられて販売されていました。




早速自宅でふくしま円盤餃子風に焼いてみました。
粉が大量にふってあるので、普通につくるとナチュラルに羽根がつきました。

子供達は羽根が大好きなので大喜びです。




餡は若干少なめかなと思いましたが、豚肉の比率も高めで意外とジューシー。
とても一個21円の餃子とは思えません。

餃子専門店だけあって、餡の味付けもしっかりしてました。
抜群に美味いという訳ではないのですが、価格を考えれば良く出来た餃子です。



下手に自宅で餃子を作るよりもコストパフォーマンスは高いかもしれないですね。

我が家からも近いので、時々使わせてもらいたいと思います。

関連ランキング:餃子 | 新川崎駅鹿島田駅矢向駅