東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

月刊 大阪餃子通信〈'19年5月下巻〉

大阪餃子通信の現地特派員のミスターOGZです。

GWは大阪でも様々な食イベントが開催され、「餃子フェス OSAKA 2019」も大阪城公園で盛り上がったみたいです。

www.gyo-zafes.jp

私も昨年、一昨年は参加しましたが、今年はパスしました…行列が苦手なんです(苦笑)。

年末には「ギョーザ EXPO 2019」も開催されるのでしょうか。

同じ歴史のこの二つが大阪二大餃子イベントですからね。

それでは大阪餃子通信5月下巻をお届けします。

 

 

1.パッチもんなの?!「格安王将」の餃子【大阪 都島】

 

「餃子の王将」でもない、「大阪王将」でもない、謎の「王将」が大阪都島にある…

その名も「格安王将」!!これは気になります。

連休を利用して潜入してみました。

その実態はいかに…

因みに、こちらは都島店ということですが、他に支店はない様です。

創業して10年位のお店です。

実は同商圏には「餃子の王将」も「大阪王将」もあるんです。

そして道を挟んで向かい側には“ラーメン290円”で有名な激安中華店「福々亭」があります。

 

「格安王将」さんの店頭看板にも“ラーメン480円”(元々は280円でした)と書かれています。

僅か190円の差ですが高く感じますね(笑)。

店内には沢山のメニュー札が貼られています。

その中から「餃子ライスセット」(400円)を注文します。

他に「ジャンボ餃子、シソ餃子、チーズ餃子、黒にんにく餃子の盛り合せ」(480円)もありました…

注文した後で気付くメニューもありますね。

少し時間が掛かり20分程で餃子が焼き上がりました。

 

盆に溢れんばかりに皿が載せられています。

 

その餃子ですが…

一口食べてガッカリでした。

まず油っぽいです。

皮は箸で摘むとすぐに開いて餡が出てしまいます。

 

王将系チェーンなら本部にクレームがいくかもしれません。

“王将”を名乗るなら、両王将を超えるくらい何かで勝って欲しいです。

 

2.過去最高の熱さ!?の鉄鍋餃子「餃子の山崎」【大阪 東梅田】

梅田のラブホテル街にある新店「餃子の山崎」さんです。

場所柄、色んな意味でスタミナつけなきゃいけないんでしょうが、夜10時半になってもかなり店内は賑わっています。

カウンターに座り、名物の「鉄鍋餃子 肉汁餃子(小)」 (480円)を注文します。

サイズは、小5個・中10個・大15個から選べます。

また「辛さ&シビレ」も3段階から選べます。

“シビレ”ってのが怖そうですね(苦笑)。

そして、餃子に合うらしい「餃子サワー 黒ウーロン」(540円)も。

他に「麻辣湯:マーラータン」も看板料理の様です。

 

注文から10分程で餃子が運ばれて来ました。

鉄鍋からパチパチ、ジュウジュウと、まるでステーキやハンバーグを焼いている様な音がします。

あと、油の跳ねが半端ないです…

みるみるカウンターが油まみれになっていきます。

紙エプロンが欲しいです。

 

口の中の火傷が不安になるくらい、過去最高の熱さと断定できます。

少し時間をおいて、鉄箸で餃子を取り濃い目の醤油ダレを付けて頂きます。

カリカリ食感が堪りません。

餃子の餡はコクがあり、実に美味しいです。

 

本場九州の鉄鍋餃子の様に柚子胡椒を付けて食べても美味しいでしょうね。

サッパリした黒ウーロンのサワーも確かに餃子と相性が良いですね。

 

他にもメニューが豊富で、繁盛するポイントが満載のお店でした。

因みに、こちらのお店は「付き出し:枝豆」(350円)が出されますので、ご注意下さい。

tabelog.com

3.肉味噌ダレがたまらん美味しさ「餃子ノ酒場 おおえす」【兵庫 新開地】

 

神戸新開地駅の地下食堂街にある「餃子ノ酒場 おおえす」に初訪問しました。

休日昼間でしたが、店内はとても賑やかです。看板メニューから「焼餃子」(280円)、「肉豆腐」(380円)、そして「ハイボール中」(280円)を注文。

因みに、付き出し(200円)も出されます…

何度も言ってますが僕は餃子屋でこのシステムは好きではありません。

 

餃子にはプラス100円でネギやキムチをトッピングできます。

タレは酢醤油と肉味噌、神戸なので味噌ダレが一般的ですが、肉味噌ってのが良いですね〜。

餃子が焼かれている間にタレはスタンバイ状態。

 

さて餃子が焼き上りました。

 

一口餃子の様な小振りなサイズで、カリカリ食感が特徴です。

 

餡も主張し過ぎず、肉味噌を付けて食べるのには丁度良いです。

 

写真はないですが、もう一つの名物料理「肉豆腐」は餃子とは逆に見た目も味もかなり濃い目で、アルコールとの相性は良いですね。

大阪だけではなく神戸でも餃子居酒屋の業態が増えてきています。

 

tabelog.com

ps. 京阪神の宿題店は現在以下の通り…

新店オープンのラッシュに、訪問するスピードが追い付かない(苦笑)

 

【大阪・兵庫】7件

  • 天包(北浜)
  • かしま(枚方)
  • 大衆餃子酒場 今ちゃん(難波)
  • チョーハンの餃子(心斎橋)
  • 溢彩流香(富田)
  • 西安曹家 餃子坊(尼崎)
  • 餃子屋 赤星(三宮)


【京都・奈良】14件

  • とんこつ鍋と餃子 縁楽(四条)
  • GYOZA8(四条)
  • 京GYOZA杏杏(河原町)
  • 京都 夷川餃子 なかじま(丸太町)
  • 包屋福吉(祇園)
  • シャンパンとBistroGyoza KuRuMu(祇園)
  • 泡と餃子 shioriyaバル(烏丸御池)
  • 十二藍(北野白梅町)
  • 餃子処 太八(円町)
  • ラッキー餃子センター(丹波口)
  • 餃子ノ酒場 いっちゃん(伏見)
  • 餃子こがね(木津川)
  • 餃子ととりからのトミー(奈良 大和郡山)
  • 餃子の侘助(奈良 北葛城郡)

ミシュランガイド掲載の「按田餃子」の初の支店は二子玉川に

 東京餃子通信編集長の塚田です。

仕事の打合せのため二子玉川へやってきました。

打合せ後にちょっと遅いお昼になったので通しでやっているところを探したところ、「按田餃子」を見つけました。

www.tokyogyoza.net

 按田餃子は、代々木上原に本店を構える超人気店。

ミシュランガイドにも、ここ数年連続掲載されています。

 

店主の按田優子さんは、保存料理研究家としても人気で数々の書籍を出されています。

たすかる料理

たすかる料理

 

 

柳小路というタカシマヤの裏にある飲食店が集まる施設の一角に按田餃子二子玉川店はあります。

 週末やランチタイムは行列ができているそうですが、平日の15時すぎとなれば流石にすいています。

続きを読む

玄武門近くの上海料理専門店「康華楼」でニラが香る水餃子を堪能【横浜中華街】 

東京餃子通信編集長の塚田です。

 ハマスタでのデイゲームの前には横浜中華街でランチというのが我が家の定番コースです。

この日は令和の元日、GWの真っただ中であったためハマスタはもちろんのこと、中華街も人であふれていました。

www.tokyogyoza.net

 当初予定していたお店は行列ができていたため、ハマスタ近くでお店を探したところ玄武門から徒歩1分あるかないかのところで「康華楼」という上海料理のお店を発見。 

2000年に創業と、横浜中華街では中堅どころのお店です。

続きを読む