東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

日比谷「TexturA」で「に つける山椒麺と餃子からの豆乳」を堪能【有楽町】

東京餃子通信編集長の塚田です。

遅ればせながら日比谷の「TexturA」のディナータイムに訪問してきました。

「TexturA」は中国料理とスペイン料理が同時に楽しめるという斬新なコンセプトで人気のお店。

築地の「東京チャイニーズ一凛」や鎌倉の「イチリンハナレ」といった超人気店のシェフでもある齋藤宏文シェフが手掛ける新店としても注目を集めています。

続きを読む

裏・町中華で飲ろうぜ!モダンな町中華店「十八番」でレモンサワーと焼餃子【新御徒町】

東京餃子通信編集長の塚田です。

 「勝太楼」で餃子、焼売、焼きそば、かつ煮を楽しんだ裏・町中華でやろうぜ一行は、続いて元々目的地としていた「十八番」へ向かいました。

www.tokyogyoza.net

 「勝太楼」から、蔵前方面に数分歩いたところで「十八番」の看板を発見。

建物は建て替えられていてモダンな作りの町中華店です。

続きを読む

裏・町中華で飲ろうぜ、鳥越の「勝太楼」でビールとかつ煮と焼餃子【新御徒町】

東京餃子通信編集長の塚田です。

BS-TBSで放送中の「町中華で飲ろうぜ」をこよなく愛するメンバーで不定期開催している「裏・町中華で飲ろうぜ」が10月某日に開催されました。

今回は、焼きそば、焼売、まぜそば、餃子をそれぞれ深堀りしているマニア達が集結し台東区の鳥越で町中華を探索しました。

以前「町中華で飲ろうぜ」で紹介されていた「十八番」を目指して御徒町駅から歩いていくと道中にいい感じの店構えのお店を発見しちゃいました。

中華料理「勝太楼」。

町中華との出会いは一期一会。

気になったお店はスルーや後回しにせず、すぐに入って全力で楽しむのが重要です。

続きを読む