東京餃子通信

美味しい餃子を求めてどこまでも。自作の餃子から有名店の餃子まで美味しい餃子情報をお届けします。餃子ブログでNo.1を目指します!

【新宿】「一口餃子酒場BLG」のビールが進むパリパリ一口餃子


東京餃子通信編集長の塚田です。

新宿西口にあった赤坂ちびすけが昨年リニューアルをして「一口餃子酒場BLG」に生まれ変わりました。


BLGは、Beer Loves Gyozaの略称。

ビールと餃子に特化したパブスタイルの餃子店です。

6種類の樽生ビールと餃子が楽しめます。


続きを読む »

大阪餃子通信:王将系2大餃子チェーンの「にんにく」対策商品バトル


大阪餃子通信の現地特派員の本家ヲサムです。

餃子と言えば、その美味しさの反面、食後の「にんにく」の臭いが気になるところ…

その問題に対して二大餃子チェーンが対策商品を企画した。

まずは『大阪王将』さんは数年前から、にんにくの臭いを80%カットした餃子を定番化しています。

そして『餃子の王将(通称:京都王将)』さんは本日5月26日から、にんにくゼロの餃子を地域限定(京阪神)・店舗限定・数量限定で販売開始されました。

ということで早速両チェーンの比較レポートに行って参りました。

場所は大阪でも京都でもなく、敢えてフェアな場所の神戸元町…

このエリアは関西の餃子のメッカ、且つ両チェーンの店舗が近隣営業をされています。

まずは『大阪王将』さんのお店からレポートします。



続きを読む »

【西麻布】星条旗横丁「CHOVA」で中国料理世界大会の金メダリストの餃子と日本そばがコラボ



東京餃子通信編集長の塚田です。

西麻布にできた星条旗横丁の中で餃子が食べられるようになったという話を聞きつけたので、ゴールデンウィーク明けの平日夜に一人でふらっと立ち寄ってみました。

星条旗横丁は、星条旗通りに昨年できたRAULという施設の1Fにあります。上階には豪華なカラオケ付きラウンジがあったり、イベントホールがあったりします。

星条旗横丁には、東京で最近人気の各ジャンルのお店が集結しているそうです。



その星条旗横丁にこの春に新たに登場したのが「CHOVA」。
Soba & Gyozaのお店とのこと。

日本そばと餃子の組み合わせは珍しいですよね。

以前、平塚で人気の餃子店と聞いたいったお店が蕎麦屋だったということはありますが、それ以来かもしれません。


続きを読む »

大阪餃子通信:京都清水の老舗餃子店『鐘園亭』で焼・揚・水の餃子三味定食を堪能する



大阪餃子通信の現地特派員の本家ヲサムです。

今日は京都清水の老舗餃子店『鐘園亭』さんへランチにやって来ました。

こちらのお店は1967年創業の京都でもかなり老舗になります。

場所はあの清水寺の近くあるので観光客も立ち寄られるみたいです。


続きを読む »

信州戸隠の8年ものの行者にんにくを使った「行者にんにく餃子」作りに挑戦


東京餃子通信編集長の塚田です。

長野県で行者にんにくを使った餃子を作っている美勢商事さんにお誘いいただいて、行者にんにくの収穫に行って来ました。

長野駅から車で1時間弱の戸隠高原に行者にんにく畑があります。
戸隠連山が見える標高1000mぐらいの場所です。



行者にんにくは山中で厳しい修行に励む僧侶たちが「にんにくのように精がつく」と好んで食べたのがその名の由来となっている山菜。

疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収を促進するアリシンがニンニクの4倍も含まれているなど、滋養強壮効果が非常に高い食材です。

暑さに弱いので甲信越地方、東北、そして北海道で採れます。

畑でも栽培ができて、通常は2年〜4年ぐらいで出荷ができるとのこと。

しかし、美勢商事の契約農家では、なんと8年もの年月をかけてじっくりと育てていました。
株を育てるのに4年。更に畑に植えてから4年。

うちの次男が今年8歳なので、今年収穫できる行者にんにくは同級生です。


続きを読む »

東京餃子通信オススメ本
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
tarekomi

蔓餃苑のレシピ大公開!
Tokyo Gyoza Guide
guide
Facebookページ
たべあるキング

badge

宴会の日程調整ツール 調整さん

  • ライブドアブログ