東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

つかだ編集長

創業昭和34年「江南 柳橋本店」の超薄皮「江南餃子」【名古屋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日、名古屋出張があったのでついでに現地の餃子店を巡ってきました。 ランチタイムに訪問したのが名古屋駅から徒歩10分強、柳橋にある昭和34年創業の老舗中華料理店の「江南」。 実は、4~5年前に訪問を試みたことがあった…

海老そば専門店築地「えび金」の海老餡を海老入り皮で包んだ特製海老餃子

東京餃子通信編集長の塚田です。 築地で人気の海老そば専門店「えび金」に、海老をたっぷりと使った海老餃子があるというタレコミ情報をいただきました。 築地場外市場の一番奥の方にお店はあります。

「餃子歩兵」が祇園、銀座に続いて恵比寿に進出!限定のシビレダレが絶品【恵比寿】

東京餃子通信編集長の塚田です。 ミシュランガイドにも掲載され今や京都を代表する餃子店の一つとなった祇園の「歩兵」。 www.tokyogyoza.net 昨年末に銀座に進出しわざわざ京都に行かずともあの味が楽しめるようになりました。 しかし銀座店は非常に小さな…

ミシュランも認めた香港点心専門店「添好運(TimHoWan)」二号店で点心三昧【新宿】

東京餃子通信編集長の塚田です。 香港でミシュランン一つ星に輝く香港点心専門店として人気の「添好運(ティム・ホー・ワン)」。 昨年日比谷にできた国内1号店は連日行列が絶えない人気を誇っています。 そして今年5月には国内2号店が新宿サザンテラスにで…

中目黒の老舗町中華「宝来」で餃子ライス

東京餃子通信編集長の塚田です。 中目黒での打合せのついでにタレコミ情報を元に「宝来」へ。 餃子の美味しい町中華のお店とのこと。 そういえば料理芸人のクック井上。さんも以前dressingで紹介記事を書いていました。 www.gnavi.co.jp 駅からは徒歩5分強。…

創業50年の老舗中国料理店「鴻龍」のスープが染みるモチモチ&サクサク焼き餃子【上野毛】

東京餃子通信編集長の塚田です。 週末の駒沢公園でのランニングの練習の後、上野毛の鴻龍でランチを食べて帰ることにしました。 鴻龍はこの地で創業50年を迎える老舗の中国料理店。 大井町線の上野毛駅からは徒歩2~3分のところにあります。

創業59年の老舗「アロチ珉明」の生姜が香る薄皮焼き餃子【和歌山】

東京餃子通信編集長の塚田です。 和歌山県からの餃子レポートが続いていましたが、今回でいったん和歌山シリーズは終了です。 最後に訪れたのは和歌山最大の歓楽街アロチにある「アロチ珉明」。 これで「みんみん」と読みます。 全国どこにいってもも歓楽街…

令和になっても「ギョーザステーション」開催!後半の予約は9月2日正午から【両国】

東京餃子通信編集長の塚田です。 夏の終わりに忘れてはならないイベントが今年も開催されます。 両国駅幻の3番ホームで餃子を焼ける「ギョーザステーション 2019」が、8月30日より始まりました。 www.ffa.ajinomoto.com

和歌山で数少ない餃子専門店「餃子日和」でサクサク揚げ餃子と薄皮パリパリ元祖餃子【和歌山】

東京餃子通信編集長の塚田です。 前回に引き続き和歌山からの餃子レポートです。 www.tokyogyoza.net 昼間の仕事を終わらせ、更に軽めの会食が済んだ後にようやくフリータイム。 ホテルに荷物を置いて餃子を求め一人で街に繰り出しました。 まず向かったのは…

和歌山ラーメン「まるイ」でどっさりネギのラーメンと薄皮餃子【和歌山】

東京餃子通信編集長の塚田です。 今回は和歌山からの餃子レポートです。 今年の3月にも日帰りで和歌山出張があったので和歌山の餃子レポートを行いましたが、今度は泊りでの和歌山出張。 和歌山餃子を堪能したいと思います。 www.tokyogyoza.net

8月24日、25日に銀座「BEER TO GO」で「餃子 × クラフトビールフェス」開催

東京餃子通信編集長の塚田です。 今週末の8月24日(土)、25日(日)に「Ginza Sony Park」の地下4階にある「“BEER TO GO” by SPRING VALLEY BREWERY」で「餃子 × クラフトビールフェス」が開催されます。

ミナミの老舗「吉風」の味を引き継ぐ「ぎょうざ処 だいきち」【難波】

東京餃子通信編集長の塚田です。 今回も大阪からの餃子レポートが続きます。 ちょうど天神祭の日だったので道頓堀を歩いてみるとたくさんの船が出ていました。 天神祭の時期に大阪に来たのは初めてなのですが、大変盛り上がっていました。

完璧な焼きに感激!念願の「丸正餃子店 本店」へ初訪問【住道】

東京餃子通信編集長の塚田です。 今回の大阪餃子食べ歩きのメインイベントのためにJR学研都市線の住道駅に降り立ちました。 住道で何て読むのか知らなかったのですが「すみのどう」と読むんですね。 ちなみに住道駅へ新大阪方面から向かう途中「放出」駅で乗…

餃子専用ポン酢開発中の創業50年の老舗「雁飯店」でニラ丼と焼餃子ランチ【茨木市】

東京餃子通信編集長。 前々回に引き続き大阪の餃子情報をレポートします。 ランチタイムに訪問したのは阪急茨木市駅の近くにある「雁飯店」。 以前、本家さんも取材をしていて気になっていたお店の一つでもあるのですが、、、 www.tokyogyoza.net 先日、クラ…

「宇都宮の餃子と巨大地下空間をめぐるスペシャルバスツアー」を開催します

東京餃子通信編集長の塚田です。 一部の方にはお知らせしていましたが、11月2日に「宇都宮の餃子と巨大地下空間をめぐるスペシャルバスツアー」なる日帰りバスツアーを開催します。

「泡ギョーザ FUNHOLiC(ファンフォリック)」で泡で食べる肉餃子を初体験【大阪・福島】

東京餃子通信編集長の塚田です。 前回に引き続き、大阪の福島周辺から餃子情報をお届けします。 www.tokyogyoza.net マルカミ餃子からの帰り道、お腹に多少の余裕があったのでもう一軒立ち寄っていこうと駅周辺を散策していると「泡ギョーザ」なるのれんを発…

大阪福島の「マルカミ餃子」で円盤餃子とホタテ餃子【大阪】

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日大阪出張があり福島駅近くのホテルを取りました。 福島駅周辺はここ数年の間に餃子専門店や餃子推しの飲食店が急増している地域。 大阪で最も熱い餃子激戦区の一つでもあります。 飲み屋街を歩いているとあちこちに餃子…

「川ばた 中華喫茶店」でねっとり野菜餡のジャンボ餃子【町屋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 前回の「餃子は一龍」に引き続きbrax3さんの案内による町屋の飲み歩き。 一緒に巡るのは6月まで一緒にメシコレキュレーターをつとめていた仲間たちです。 www.tokyogyoza.net インパクトのある餃子を出す店があるとのことで2…

町屋駅前に移った「餃子は一龍」のジャンボ餃子は相変わらず美味かった 【町屋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日、メシコレでキュレーター仲間だった東京レビューのbrax3さんに案内人を務めてもらい町屋を飲み歩いてきました。 tokyo-review.com まず最初に向かったのは町屋の餃子の超有名店「餃子は一龍」。 創業はなんと昭和22年。…

串焼きと餃子が楽しめる居酒屋「ひとくちぎょうざ 火炭鳥炉」【青葉台】

東京餃子通信編集長の塚田です。 前回の「餃子バル 高」の帰り道、青葉台にもう一軒気になる餃子店があったので青葉台在住の友人を誘って寄り道をして帰ることにしました。 www.tokyogyoza.net 駅から徒歩5分弱。 「ひとくちぎょうざ 火炭鳥炉」に到着しまし…

大連仕込みの本格手作り餃子とお酒が楽しめる「餃子バル 高」【青葉台】

東京餃子通信編集長の塚田です。 田園都市線の青葉台駅に、本格的な餃子を出す餃子バルができたというタレコミ情報をもとに、久しぶりに青葉台駅へ。 駅から10分弱歩いて「餃子バル 高」に到着。 「たか」ではなく「こう」と読むそうです。

カフェ風の台湾料理店「フジコミュニケーション」で手作り水餃子ランチ【江戸川橋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 江戸川橋に旨い水餃子を出す店ができたというタレコミ情報を得てランチタイムに訪問してきました。 有楽町線の江戸川橋駅から飯田橋方面に徒歩5分弱。 ビルの2Fに今回お目当てのお店「フジコミュニケーション」はあります。 …

早稲田通りの老舗町中華「秀永」で名物ほんこん飯と焼き餃子【高田馬場】

東京餃子通信編集長の塚田です。 最近「町中華で飲ろうぜ」の影響で、餃子の美味しい町中華店の開拓にハマっています。 今回ご紹介するのは高田馬場にある「秀永」。 高田馬場駅からは早稲田通りを早稲田大学方面に向かって5分ほど歩くと、赤い看板が見えて…

我が家の餃子レシピ「鶏肉と紅生姜の餃子」

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日の「豚肉と野沢菜餃子」に続いて、またまた漬物を使った餃子にチャレンジをしてみました。 www.tokyogyoza.net 今回使う漬物はこちら。

「ギョーザブラザーズ」でクラフトビール with 餃子【成城学園前】

東京餃子通信編集長の塚田です。 千歳船橋の「てんまさ」で、一口餃子を楽しんだ後に小田急線沿いでもう一軒はしごをしていこうと成城学園前に移動してきました。 www.tokyogyoza.net 成城学園前駅から徒歩2~3分。 雑居ビルの入り口の「餃子」の立て看板を…

北新地の老舗店の味を引き継ぐ「てんまさ」で一口餃子と瓶ビール【千歳船橋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 以前、鈴木砂羽さんのYahoo!ライフマガジンの記事を読んで気になっていた「てんまさ」の餃子を目指して小田急線の千歳船橋へ行ってきました。 lifemagazine.yahoo.co.jp 駅からは徒歩3分ほどの路地に「てんまさ」はあります…

我が家の餃子レシピ「豚肉と野沢菜餃子」

東京餃子通信編集長の塚田です。 私は食べ歩きだけでなく、ちょくちょく自宅でも餃子づくりを行います。 我が家の餃子は以前マツコの知らない世界でも紹介させてもらったように白菜の漬物を使うのがポイント。 家庭でも簡単に作れるので、結構人気のレシピで…

小倉からやってきた「餃子酒場たっちゃん」西早稲田店

東京餃子通信編集長の塚田です。 早稲田大学の近くで餃子居酒屋を見つけたのでふらっと立ち寄ってみました。 大学からは早稲田通りを高田馬場の方に歩いて馬場口交差点のちょっと手前。 こちら「餃子酒場 たっちゃん」は、北九州の小倉を中心に数店舗展開す…

「チャ~ボン 多福楼」で本場五目チャ~ボンとコリコリ食感の焼き餃子【川崎】

東京餃子通信編集長の塚田です。 川崎で遅い時間で新規開拓できる店を探していたところ朝4時まで営業している店「チャ~ボン 多福楼」にたどり着きました。 お店の上には大きく「チャ~ボン」の看板が。 聞きなれない言葉ですが「チャ~ボン」が何なのかは、…

大阪王将杯王将戦の将棋飯を一足先に食べてきた

東京餃子通信編集長の塚田です。 工場見学ツアーでもお世話になった、大阪王将を展開するイートアンド社のマーケティング担当の方から誘われて本社を訪問してきました。 www.tokyogyoza.net 私は本社が神谷町にあったころに文野会長に会いに伺ったことがあっ…