東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

つかだ編集長

「東京野菜キッチン SCOP」のTOKYO-Xのサルシッチャ餃子が旨かった【赤坂】

東京餃子通信編集長の塚田です。 食べ歩き仲間が「フラティ」というお一人様専用レストラン予約サービスを始めたということで、お一人様餃子を予約してみました。 info.flatea.jp 赤坂の「東京野菜キッチン SCOP」というお店の新メニューとして餃子が出品さ…

日比谷「TexturA」で「に つける山椒麺と餃子からの豆乳」を堪能【有楽町】

東京餃子通信編集長の塚田です。 遅ればせながら日比谷の「TexturA」のディナータイムに訪問してきました。 「TexturA」は中国料理とスペイン料理が同時に楽しめるという斬新なコンセプトで人気のお店。 築地の「東京チャイニーズ一凛」や鎌倉の「イチリンハ…

裏・町中華で飲ろうぜ!モダンな町中華店「十八番」でレモンサワーと焼餃子【新御徒町】

東京餃子通信編集長の塚田です。 「勝太楼」で餃子、焼売、焼きそば、かつ煮を楽しんだ裏・町中華でやろうぜ一行は、続いて元々目的地としていた「十八番」へ向かいました。 www.tokyogyoza.net 「勝太楼」から、蔵前方面に数分歩いたところで「十八番」の看…

裏・町中華で飲ろうぜ、鳥越の「勝太楼」でビールとかつ煮と焼餃子【新御徒町】

東京餃子通信編集長の塚田です。 BS-TBSで放送中の「町中華で飲ろうぜ」をこよなく愛するメンバーで不定期開催している「裏・町中華で飲ろうぜ」が10月某日に開催されました。 今回は、焼きそば、焼売、まぜそば、餃子をそれぞれ深堀りしているマニア達が集…

「宇都宮の餃子と巨大地下空間をめぐるスペシャルバスツアー」開催レポート

東京餃子通信編集長の塚田です。 以前告知をしました「【餃子愛好者限定】宇都宮の餃子と巨大地下空間をめぐるスペシャルバスツアー」を11月2日に開催しました。 開催レポート的にツアーを振り返ってみたいと思います。 盛りだくさんのツアーだったので、か…

味坊オーナー梁さんに発酵白菜の作り方を習ってきた

東京餃子通信編集長の塚田です。 10月5日に横浜BUKATSUDOの餃子部(BKD餃子部)主催の「ぎょうざの時間」なるイベントが開催されました。 BKD餃子部は立ち上げ時に諸々のワークショップ運営のアドバイスなどをさせていただいた関係で、今でも時々イベントに…

元祖 手づくり餃子の店「大珉」のにんにくガッツリ焼餃子【平間】

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日ランニングをしている途中でJR南武線の平間駅の近くを通った際に「餃子舗 大珉」というお店を発見。 私の食べ歩きの経験からですが、店名に「珉」が入っているお店は当たりの可能性が高いんですよね。 その時は朝の開店…

「マッスルギョーザ」×「ベースヌードル」でアスリートも納得の完全食ランチ

東京餃子通信編集長の塚田です。 最近の筋肉ブームにのってなのか低糖質・高タンパク質な餃子が登場したというタレコミ情報をもらいました。 その名も「MUSCLE GYOZA~マッスルギョーザ~」 販売するのは冷凍餃子の開発・販売を手掛ける信栄食品です。 prtim…

あの安兵衛の屋台餃子が並ばずに食べられる「めぐろの安兵衛」【目黒】

東京餃子通信編集長の塚田です。 高知の屋台餃子と言ったら最初に名前の出てくる安兵衛。 超薄皮の皮で包まれた揚げ焼き餃子が無茶苦茶ビールに合うので、時々無償に食べたくなります。 www.tokyogyoza.net 高知までは気軽に餃子を食べに行くこともできない…

横浜の「絶メシリスト」登録間違いなしな「明華」の焼き餃子【菊名】

東京餃子通信編集長の塚田です。 ここ最近連日レポートを公開してましたが、高崎「絶メシ」餃子の旅ということで、高崎で地元で長年愛される食堂や町中華の餃子の食べ比べをしてきました。 www.tokyogyoza.net その影響もあって「地元横浜にも絶メシ店がある…

「林先生の初耳学」で餃子4賢人が松重豊さんのためにリストアップした餃子店50選

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日、2019年9月29日(日)に放送された『林先生の初耳学』に少しだけ出演をさせていただきました。 当日の番組ゲストは松重豊さん。 松重さんは大の餃子好きとしても有名ですが、そんな松重さんにオススメする餃子を選んで…

【高崎「絶メシ」餃子の旅】台湾料理の「來來」でニンニクタレで食べる焼・水餃子【高崎】

東京餃子通信編集長の塚田です。 高崎「絶メシ」餃子の旅もいよいよ最終回。 最後の7軒目は高崎の繁華街柳川町にある台湾料理店「來來」です。 高崎電器館の目の前の路地を入ったところにお店はあります。

【高崎「絶メシ」餃子の旅】麺打ちの達人が作る「香珍」の手延べ餃子【高崎】

東京餃子通信編集長の塚田です。 まだまだ続く高崎「絶メシ」餃子の旅。 前回の「陽気軒」でジャンボギョーザを食べたのが15時過ぎ。 次の店は休憩時間に入っているそうで、こちらも1時間ほど休憩をとることができました。 www.tokyogyoza.ne 17時過ぎに餃子…

【高崎「絶メシ」餃子の旅】「陽気軒」のキャベツたっぷりジャンボギョーザ【高崎】

東京餃子通信編集長の塚田です。 高崎「絶メシ」餃子の旅はまだまだ続きます。 ここまで、11時から開始をして 大衆食堂「大将」のニンニクがっつり餃子 レモン汁で食べる「南南」のモチモチぷっくり焼き餃子 唯一無二!手の甲で包む「太洋軒」の焼き餃子 大…

【高崎「絶メシ」餃子の旅】大衆食堂「冨士久食堂」の自家製皮の焼き餃子【安中】

東京餃子通信編集長の塚田です。 高崎「絶メシ」餃子の旅もようやく折り返し地点までやってきました。 4軒目は国道406号線沿いにある大衆食堂「冨士久食堂」。 元々高崎の飲み屋街である柳川町にあった「冨士久食堂」から暖簾分けの形で独立したのが始まり。…

【高崎「絶メシ」餃子の旅】唯一無二!手の甲で包む「太洋軒」の焼き餃子【安中榛名】

東京餃子通信の塚田です。 今回も高崎から「絶メシ」餃子のレポートです。 町中華店は通し営業を行っているところは少ないため、前半戦にいかに多く回れるかが食べ歩きの勝負の決め手です。 12時をちょっと過ぎた時点で3軒目に突入。 3軒目に選んだ「太洋軒…

【高崎「絶メシ」餃子の旅】レモン汁で食べる「南南」のモチモチぷっくり焼き餃子【高崎】

東京餃子通信編集長の塚田です。 前回に引き続き高崎から「絶メシ」餃子のレポートです。 www.tokyogyoza.net 2軒目に訪問するのは町中華の「南南」。 事前の絶メシリストでの予習によると、町中華最高峰の味で、眼鏡チェーン店のJINSの創業者の田中さんも学…

【高崎「絶メシ」餃子の旅】大衆食堂「大将」のニンニクがっつり餃子

東京餃子通信編集長の塚田です。 高崎のローカルグルメサイト「絶メシリスト」をご存知でしょうか? 店主の高年齢化や後継ぎ問題などで、時代とともになくなりつつある地元に愛される名店たちを、「失うには惜しく、絶やしてはならない絶品グルメ」=「絶メ…

「チャイニーズダイニング 方哉(まさや)」でレモン胡椒で食べる焼き餃子【恵比寿】

東京餃子通信編集長の塚田です。 メシコレのキュレーター仲間だったほねつきかるべさんから、恵比寿のガーデンプレイス近くに餃子の美味しい中華料理店があるというタレコミ情報を頂きました。 ameblo.jp この辺りには「えびすの安兵衛」、「歩兵」、「ちょ…

センベロしながら野球観戦ができる「餃子ノ酒場 太陽ホエール」【横浜】

東京餃子通信編集長の塚田です。 記事の中でも何度も登場していますが、横浜生まれ横浜育ちの私はベイスターズファンでして、今年も何度も球場に足を運んでいます。 www.tokyogyoza.net そんな餃子マニアでありベイスターズファンである私が見過ごすことはで…

今池の老舗餃子専門店「百老亭」で焼き餃子と玉子スープ餃子【名古屋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 前回は念願だった「江南」の訪問レポートを行いました。 タマネギ入りの一口餃子は、他ではなかなか出会えないタイプの餃子で美味しくいただきました。 www.tokyogyoza.net せっかく名古屋に来たので、もう一軒ぐらい食べ歩…

創業昭和34年「江南 柳橋本店」の超薄皮「江南餃子」【名古屋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日、名古屋出張があったのでついでに現地の餃子店を巡ってきました。 ランチタイムに訪問したのが名古屋駅から徒歩10分強、柳橋にある昭和34年創業の老舗中華料理店の「江南」。 実は、4~5年前に訪問を試みたことがあった…

海老そば専門店築地「えび金」の海老餡を海老入り皮で包んだ特製海老餃子

東京餃子通信編集長の塚田です。 築地で人気の海老そば専門店「えび金」に、海老をたっぷりと使った海老餃子があるというタレコミ情報をいただきました。 築地場外市場の一番奥の方にお店はあります。

「餃子歩兵」が祇園、銀座に続いて恵比寿に進出!限定のシビレダレが絶品【恵比寿】

東京餃子通信編集長の塚田です。 ミシュランガイドにも掲載され今や京都を代表する餃子店の一つとなった祇園の「歩兵」。 www.tokyogyoza.net 昨年末に銀座に進出しわざわざ京都に行かずともあの味が楽しめるようになりました。 しかし銀座店は非常に小さな…

ミシュランも認めた香港点心専門店「添好運(TimHoWan)」二号店で点心三昧【新宿】

東京餃子通信編集長の塚田です。 香港でミシュランン一つ星に輝く香港点心専門店として人気の「添好運(ティム・ホー・ワン)」。 昨年日比谷にできた国内1号店は連日行列が絶えない人気を誇っています。 そして今年5月には国内2号店が新宿サザンテラスにで…

中目黒の老舗町中華「宝来」で餃子ライス

東京餃子通信編集長の塚田です。 中目黒での打合せのついでにタレコミ情報を元に「宝来」へ。 餃子の美味しい町中華のお店とのこと。 そういえば料理芸人のクック井上。さんも以前dressingで紹介記事を書いていました。 www.gnavi.co.jp 駅からは徒歩5分強。…

創業50年の老舗中国料理店「鴻龍」のスープが染みるモチモチ&サクサク焼き餃子【上野毛】

東京餃子通信編集長の塚田です。 週末の駒沢公園でのランニングの練習の後、上野毛の鴻龍でランチを食べて帰ることにしました。 鴻龍はこの地で創業50年を迎える老舗の中国料理店。 大井町線の上野毛駅からは徒歩2~3分のところにあります。

創業59年の老舗「アロチ珉明」の生姜が香る薄皮焼き餃子【和歌山】

東京餃子通信編集長の塚田です。 和歌山県からの餃子レポートが続いていましたが、今回でいったん和歌山シリーズは終了です。 最後に訪れたのは和歌山最大の歓楽街アロチにある「アロチ珉明」。 これで「みんみん」と読みます。 全国どこにいってもも歓楽街…

令和になっても「ギョーザステーション」開催!後半の予約は9月2日正午から【両国】

東京餃子通信編集長の塚田です。 夏の終わりに忘れてはならないイベントが今年も開催されます。 両国駅幻の3番ホームで餃子を焼ける「ギョーザステーション 2019」が、8月30日より始まりました。 www.ffa.ajinomoto.com

和歌山で数少ない餃子専門店「餃子日和」でサクサク揚げ餃子と薄皮パリパリ元祖餃子【和歌山】

東京餃子通信編集長の塚田です。 前回に引き続き和歌山からの餃子レポートです。 www.tokyogyoza.net 昼間の仕事を終わらせ、更に軽めの会食が済んだ後にようやくフリータイム。 ホテルに荷物を置いて餃子を求め一人で街に繰り出しました。 まず向かったのは…