東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

大森の渋谷餃子の裏にできた餃子居酒屋の新店「川崎家」

スポンサードリンク

image

 東京餃子通信編集長の塚田です。

大森での打ち合わせの帰り道、ちょっと寄り道をしていこうと駅周辺を歩いていると「渋谷餃子」の大森店を発見。

image

 

渋谷餃子は渋谷のセンター街で生まれた薄皮と低価格を売りにする餃子居酒屋です。

www.tokyogyoza.net

久しぶりに渋谷餃子に入ってみようかと思ったのですが周辺を探ってみるとすぐ裏に「川崎家」なるお店を見つけました。

店名だけを見ると川崎にある家系ラーメン店の「川崎家」の系列店なのかと思いましたが、餃子を全面的に押している餃子居酒屋風の店構えで、家系ラーメンを出している雰囲気はありません。

image

 

 メニューも餃子と居酒屋メニュー。全般的にかなりリーズナブルな価格設定です。

image

 

居酒屋っぽいですが餃子のお持ち帰りも実施。大森は住宅街もあるので持ち帰り需要があるのかもしれないですね。

とりあえず店内に入ってみることにしました。

image

 

店内は地元のサラリーマン客でほぼ満席。 価格設定がうけているのでしょうか。

ビールと餃子、そして焼きあがるまでのつまみとして鳥皮ポン酢を注文。

ビールはプレモルでした。

image

 

餃子の焼き上がりを鳥皮ポン酢とビールでつなぎます。

image

 

5分ほどで焼き餃子が登場。中央部が白く残ってしまっているのはやや残念ではありますが、焼き加減はちょうどよい感じです。

image

 

サイズはごくごく一般的なもの。見た目は普通の餃子です。

image

 

皮は中厚。機械で包んでいる様ですね。数多くできるのでお持ち帰りも頑張っているのだと思います。

後で調べたところ川崎家では1000万円を投資して本格的な製造設備購入し餃子工場を作ったのだとか。今後、他店舗展開も考えているのかもしれないですね。

www.tenpo.biz

肉汁たっぷりのキャッチコピー通り、餃子を頬張ると中からジュワッとスープが出てきます。脂っぽさはあまりなくさっぱりしています。

餡の味付けも強めにつけているのでタレなしで十分に美味しく食べられます。居酒屋餃子は、味を濃いめにした方が喜ばれますね。

ビールとの相性のよい餃子でした。

image

 

 餃子にニンニクは使っていないので、ニンニクが欲しい場合は刻みニンニクを餃子ダレに入れていただきます。

餃子にはニンニクを入れずに、お好みでニンニクを足すスタイルは中国の水餃子と同じですね。

image

 

全般的にリーズナブルな価格設定だったので過度な期待はしていなかったのですが、餃子も想像以上によい出来でした。非常に使い勝手のよい餃子居酒屋だと思います。

帰り際に、店員さんに家系の「川崎家」との関係を聞きましたが関係はないとのこと。店員さんの説明によるとオーナーの名前が川崎さんだからというのですが、先ほど紹介した記事でインタビュー記事に答えているオーナーはハンさんでした。謎です。

最近餃子店が増えて、餃子激戦区の様相を呈している大森ですが、老舗も新店もそれぞれ特徴があるので今後楽しみな街ですね。

 

川崎家

食べログ川崎家