東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

蒲田餃子御三家食べ歩きツアーその2(金春)

スポンサードリンク

你好を後にした蒲田餃子御三家食べ歩きツアーの一行は次の目的地「金春」を目指します。

金春本館は京浜蒲田商店街のアーケード街の中にあります。
京急蒲田駅西口からは徒歩2〜3分。

とても派手な店構えなのですぐに分かると思います。


まだ2件目なのでメンバーのお腹にはまだまだ余裕があります。

主役の鍋貼(焼き餃子)と三鮮水餃子、そして私一押しのニラ釜揚げ桜えび入り餃子をお願いしました。




まずは鍋貼。羽根は小さめですが、餡がパンパンに詰まっていて存在感たっぷり。味付けも你好よりもやや濃いめでしょうか。




続いて三鮮水餃子。皮はモチモチ、焼餃子とは違う皮というのが素晴らしい。

三鮮は海老、豚肉は分かりましたがあともう一つは何が入っているのかは分かりませんでしたが、とてもジューシーです。



次に来たのはニラ釜揚げ桜えび入り餃子。
まずこの大きさに参加者の皆さんから驚きの声が。

ニラと炒り卵がベースの餡に桜えびが入っています。ニラと卵は私一押しの餃子の具材の一つなのですが、なかなか食べられるお店が多くはありません。

皆さんにも気に入ってもらえた様でした。




店内を見回すとメニューには載っていなかった「牛肉小龍包」の張り紙を発見。
小龍包といえば普通は豚肉。

参加メンバーのお腹もまだまだ余裕があるようだったので追加注文しました。

10分ぐらいまって、牛肉小龍包の登場。
肉の臭みを消す為なのか、大量の生姜が入っていて超サッパリした味付け。

これはこれで美味しかったのですが、やはり小龍包は豚肉の方が合いますね。




2軒目で大分お腹も満たされてきましたが、一行はツアーの最終目的地「歓迎」を目指します。

蒲田餃子御三家食べ歩きツアー3(歓迎)に続く

金春餃子 / 京急蒲田駅蒲田駅梅屋敷駅
昼総合点★★★★ 4.0


金春 本館 ( 京急蒲田 / 餃子 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ