東京餃子通信編集長の塚田です。

神戸三宮でオススメの餃子店の情報を求めた際に、神戸の餃子に詳しい知人数名が異口同音に「祥雲(しょううん)」を推薦してくれました。

場所は三宮の繁華街を北側。JR三ノ宮駅からは徒歩5分ぐらい歩いていくと赤い立て看板を発見。

「あっさりラーメン」祥雲!?
餃子よりもラーメン推しのお店に転換したのでしょうか??



立て看板の路地を入っていくとお店の赤い看板を発見。
今度は「餃子専門店」と書いてあり、ひと安心。


店内に入るとご主人と店員さんがカウンター内からお出迎え。

カウンターのみで10席程のかなり狭いお店です。

メニューは神戸の餃子店には珍しく餃子の種類が豊富です。

定番系の「キャベツ餃子」や「しそ餃子」から「しいたけ餃子」や「ニラ卵餃子」などちょっと変わった餃子まで全6種類。

立て看板にあったあっさりラーメンもありました。



餃子を全制覇と行きたいところでしたが、この後もう一軒周りたかったので、知人達がオススメしていた「しいたけ餃子」と私の好物「にら卵餃子」の2種類を注文。

そしてご主人が餃子作りを行うのを眺めながら瓶ビールで乾杯。

「祥雲」では、中国出身のご主人が注文が入ってから餃子を丁寧に包んでくれます。餡の種類が多いのと皮が薄いので作り置きがしにくいのでしょうね。



ご主人が手早く包んだ餃子が焼ききで丁寧に焼き上げられました。

若干ですが羽根の付いた餃子です。

手前が「しいたけ餃子」、奥が「にら卵餃子」です。

お皿の大きさが小さいのか7個目の餃子はそれぞれ列から離れて置かれています。



まずは椎茸餃子。
餃子の中心にヒダが美しく並んでいます。

餡が透けるぐらいの薄皮です。中に茶色い椎茸の様なものが見えますね。



一口頬張ってみると、サクッとした薄皮の中から口の中に一気に広がるしいたけの香りと旨味に驚かされます。

完全にしいたけが主役の餃子です。

細かく刻まれたしいたけに加えて食感のアクセントをつけるためにキクラゲと春雨が足されていました。



タレはお酢と調合済みの味噌ダレをベースに醤油、ラー油を調整して自分好みに仕上げます。



そしてしいたけ餃子をにタップリとタレを付けていただきます。

タレを付けないときは椎茸の旨味が純粋に楽しめる優しめの味でしたが、タレを付けると味付けも濃くなりビールも良く進む味になります。

タレの有り無しで味の変化を楽しむのもオススメです。



続いてにら卵餃子。

にらと卵は中国の水餃子では定番の餡ですが、なかなか焼き餃子の餡として食べさせてくれるお店は多くありません。

こちらも薄皮の中から黄色と緑の美しい餡が透けて見えています。



ニラの香りと卵の甘みが絶妙のバランス。

卵はスープも良く吸ってくれるので、実は餃子餡には便利な食材なんですよね。



ニラ卵餃子はタレ無しでも完成している感じはありましたが、もちろんタレを付けても美味しいです。



ぼんてんからの2軒目でしたが、軽めの餃子だったので2人前の餃子はあっという間に胃袋の中へ。

2種類ともかなり気に入ったので、定番のキャベツ餃子などにも挑戦したかったのですが、もう一軒別の店が控えていたのでこれらは次回神戸訪問時のお楽しみにすることにしました。

関連ランキング:餃子 | 三宮駅(神戸市営)三ノ宮駅(JR)三宮駅(神戸新交通)



東京餃子通信では、皆さんからの餃子情報をお待ちしております!


tarekomi