読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

タレコミ情報:「分店 なかむら食堂」定番の「セロリ餃子」【赤坂】

スポンサードリンク


東京餃子通信編集長の塚田です。

タレコミ情報を元に赤坂に来ました。

赤坂駅から赤坂通りを少し乃木坂方面に歩いた路地裏にある「分店 なかむら食堂」がこの日の目的地。

こちらのお店は渋谷にある人気和食店の「並木橋 なかむら」の系列店とのこと。餃子店以外の餃子情報が得られるのはタレコミ情報ならではです。

この日は仕事が早く終わったため開店直後の時間にお店に来ることができました。


店内にはあちこちにキッチンの中の様子が見られるモニターが設置されています。

もともと料理教室だったところを居抜きで使っているらしく、この様な面白い設備があるとのこと。

席に着くやいなやビールと餃子を注文。

餃子は「セロリ餃子」でした。

その他、餃子が焼きあがるまでの間に楽しめる前菜的な料理を注文しました。



まずはビールで乾杯。

サントリーのプレモルでした。



すぐにセロリの漬物が来ました。

昔はセロリが苦手だったのですが、最近は調理をしてあれば大丈夫になりました。むしろ好んで食べるぐらい。

セロリの漬物も珍しいですが、適度に苦味が消えていて美味しかったです。



続いてフライドごぼう。

ごぼうを軽く揚げてサクサクの食感に仕上がってます。ビールのつまみに良いですね。

食物繊維もたっぷり採れます。



そして大きなハムステーキが乗ったポテトサラダ。

これも美味しい。ポテサラが旨い飲み屋は安心感があります。



前菜的に頼んだつまみがどれも美味しく、餃子が来る前にビールを飲み干してしまいました。

おかわりは、自家製の生姜サワーをサイズ増量のお得な男爵ジョッキで注文しました。

生姜の爽やかな香りと程よい甘さのバランスが良いです。



そしてお待ちかねの「セロリ餃子」の登場。

少し大きめの餃子で、焼きめんを広めにとっています。



油を比較的多めに使いサクッと焼き上げています。




皮は中厚でヒダを深めにつけることで食感のコントラストを作っています。

焼き目はサクッと、ヒダの部分がモチっとした感じ。



餡は豚肉多めでジューシーさにはかけますが、豚肉の旨味を活かしています。
豚肉の旨味に加えて下味がしっかりとついているのでタレは不要。

そしれセロリ餃子の名前の通り、タップリとセロリが入っている様で口の中に爽やかなセロリの香りが広がります。

セロリ以外の香菜は控えめでした。

味付けは濃いめなのでお酒を飲みながら複数人でシェアをするのに向いています。



締めは冷やし担々麺。

担々麺を冷たくして大丈夫なのか懐疑的だったのですが、思いの外サッパリとしていて美味しかったです。


餃子も美味しかったのですが、その他のメニューもどれも美味しく大満足。

専門店も良いですが居酒屋や食堂でも食べられるのが餃子の魅力の一つだと再認識しました。

今回も良いタレコミ情報ありがとうございました!


関連ランキング:居酒屋 | 赤坂駅乃木坂駅六本木一丁目駅



東京餃子通信では、皆さんからの餃子情報をお待ちしております!


tarekomi