東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

関西の幻の餃子店「溢彩流香」に初訪問【大阪・摂津富田】

スポンサードリンク

東京餃子通信編集長の塚田です。

ちょっと前になるのですが大阪の「溢彩流香(いーさいりゅーしゃん)」を訪問することができました。

溢彩流香は、知る人ぞ知る予約困難な中国料理店で、オリジナルの餃子も美味しいという噂を以前から聞いていました。

今回は、大阪餃子通信のミスターOGZさんが頑張って予約を取ってくれたため訪問することができました。

溢彩流香は、JR線の「摂津富田」駅から徒歩10分ぐらいの所にあります。

 

香りが流れて彩が溢れるという素敵な店名ですね。

看板には「餃子」と刻まれているので、餃子専門店と言っても良いのかもしれないですね。

 

18時の開店時間に合わせて入店すると、店内は数組のお客さんで満席。

全ての席が18時スタートで同じコースが提供される様です。

この日は流香コース。

店主のリンさんは中国の海南島近くの出身らしいのですが、中国南方の出身のかたが餃子推しのお店をやるというのも珍しいですね。

 

餃子はお持ち帰りも出来るとのこと。

餃子教室もやっているようなのでリンさんに確認したところ、不定期でやっていて次回開催は未定ということでした。

 

ドリンクのメニューもイラストが可愛らしい。

 

まずはビールを注文。

瓶ビールはハートランドでした。

こちらでOGZさんとの再会を祝して乾杯。

 

そして前菜が運ばれてきました。

左から牡蠣、太刀魚、明太子カボチャ。

どれも美味しかった。

リンさんの料理の腕前は相当なもの。

これは餃子も楽しみです。

 

続いてトマトが入ったスープ。

優しい味わい。

スープで胃も温まり、餃子を待ち受ける準備万端です。

 

続いてやってきたのは2種類の水餃子。

緑色の皮が牛肉とセロリの水餃子。

白い皮は白菜浅漬けと豚肉とイカの水餃子。

白菜の浅漬けは我が家でも餃子の具材に使うのですが、この名店で白菜の浅漬けに出会えたのは嬉しいです。

 

先に緑色の牛肉とセロリの水餃子から。

白と緑が混ざっている美しい皮。

溢彩のコンセプトにピッタリ。

この皮は色付けした皮と白い皮の種を用意して棒状に伸ばすときに混ぜて作るのですが、かなり手間暇かけてこだわりの餃子を作っているのが伝わってきます。

 

餃子のサイズは小さめですが餡の旨味がすごい。

牛肉の風味の強さにセロリの香りが負けていない。

正に香りが流れる餃子。

この強い餡の旨味をしっかり閉じ込めている皮も出来も素晴らしいですね。

 

そのまま食べてもインパクト十分の餃子ですが、黒酢につけても美味しくいただけました。

黒酢の香りにも全然負けない餃子の強さ。

 

続いて白い皮の白菜浅漬けと豚肉とイカの水餃子。

ヒダ側はキュッと閉じていて、全体的に丸みを帯びた形状になっています。

 

豚肉の旨味に加えてシャキシャキした白菜の食感と漬物ならではの旨味。

イカもいい感じにアクセントになってます。

餃子にイカって珍しいですが、ありですね。

こちらの餃子はあっさり風味なので黒酢には付けずに、そのまま食べた方が美味しかったです。

 

ここでハートランドが空いたので紹興酒へ変更し、次の餃子を待ちます。

 

続いて出てきたのが焼き餃子。

でもちょっと普通の焼餃子と異なります。

 

何とこの焼き餃子は、浮き粉を使った皮をつかった焼餃子。

これは初体験!!

浮き粉というのは、小麦からグルテンを抜いて作ったデンプン質。

飲茶料理の蝦餃の皮など蒸し餃子の皮としてはよく見かけるのですが、焼餃子として出てきたのを見るのは初めてです。

リンさんに聞くと、リンさんのオリジナルではなく中国南部ではこの様な調理方法もあるのだとか。

現地では蒸してから焼くそうですが、リンさんは普通の焼餃子と同じようにフライパンで蒸し焼きにしているとのこと。

餃子って奥が深いですね。

まだまだ知らないことだらけ。

 

餡の具材は豚肉に白菜にニラとオーソドックスな感じですが、何かシャキシャキっとした食感を感じます。

リンさんに確認するとクワイを入れているとのことでした。

プルプル&カリカリの皮の中にはジュワッとジューシー&シャキシャキ食感。

小さな餃子一つの中でいくつもの食感と風味が味わえる深い深い餃子でした。

 

こちらはタレにつけて食べても美味しかったです。

お酢が油をいい感じに落としてくれました。

 

餃子3種で私の中ではクライマックスを迎えてしまっていたのですが、リンさんの手料理はまだまだ出てきます。

続いては春巻きです。

これがただの春巻きではないのです。

 

中に入っているのは細切りにされた大根。

物凄くシンプルなのですが美味しい!

今まで食べた春巻きの中でもトップクラスの旨さでした。

 

こちらは、牛肉とアスパラの炒め物。

味はもちろんなのですが、見た目も鮮やかですよね。

 

豚の角煮も美味しかったです。

 

締めは干し肉のチャーハン。

チャーハン自体の味付けは塩コショウ中心にシンプルなのですが、干し肉にギュッとつまった旨味がしみだして旨いのなんのって。

 

デザートはイチゴ餅。

大きなイチゴが丸ごと入っていて、さっぱりとお口の中をリセットしてくれました。

 

3種の餃子も感動レベルに美味しかったですし、それ以外の料理も本当に美味しかった。

これだけ食べて飲んで一人7000円ちょっとと、価格もリーズナブル。

予約困難になるのも納得です。

しばらく再訪問することはできないけれど、世の中が落ち着いたら何とか予約をとってまた来たいと思います。

 

溢彩流香中華料理 / 富田駅摂津富田駅
夜総合点★★★★★ 5.0