東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

京都の老舗町中華「マルシン飯店」で熟成豚肉ギョーザとふわふわ天津飯

スポンサードリンク

 

 東京餃子通信編集長の塚田です。

和歌山→大阪と移動してきましたが、続いては京都から餃子レポートをお送りしたいと思います。

京都でランチ餃子を食べるために向かったのは東山にあるマルシン飯店。

京都を代表する町中華店です。

営業時間が昼からの通し営業で朝6時までと、遅めのランチや飲んだ後の締めにも便利に使えるお店です。

 

ランチタイムのど真ん中の時間に訪問すると、既に店の前には大行列がありました。

 

隣には生餃子の直売所もあります。

お店に来る途中に、バスのラッピング広告でも直売所の広告を見かけましたが、地方発送や通信販売にも力を入れているようですね。

餃子への自信の強さが感じられます。

 

長い行列がありましたが、回転が速いので20分弱で店内へ。

並んでいる間は、ショーケースに入っているサンプルを見ながら注文を検討していました。

 

店内に入り席について改めてメニューをチェック。

 

店頭のサンプルでは紹介されていなかった豊富なメニューに驚かされます。

周りの注文を聞いていると天津飯の注文比率がかなり高かったので、私も天津飯を注文しました。

 

餃子も普通のギョーザと熟成豚肉ギョーザの2種類あり、さらに焼き、ゆで、揚げの調理方法が選べます。

ギリギリまで悩みましたが、熟成豚肉ギョーザの焼きを注文することにしました。

 

調理時間中店内を見回しているとマルシンオリジナルビールが紹介されていました。

その名も「GYO-SEN」。

餃子と合わせることを主眼に置いたクラフトビールで、地元のマイクロブルワリーの「ウッドミルブルワリー京都」との共同開発で作られたビールとのこと。

八朔を使った爽やかな香りのするビールらしいです。

宇都宮でも餃子専用のクラフトビールが作られていますが、全国的にもまだまだ珍しいい取り組みですよね。

この日はまだ仕事中だったのでGYO-SENを飲むことはできませんでしたが、次回訪問時にはよるの時間帯に来てGYO-SENを飲んでみたいです。

 

注文してからほんの数分後、すぐに天津飯が運ばれていました。

まずはビジュアル面でのインパクトがすごい。

ふわっふわの卵と器の淵ぎりぎりまで注ぎこまれたあん。

見た目だけでも美味しさが伝わってきちゃいますね。

ちなみにお皿からこぼれそうな状態になっていますが、大盛りを注文したり、あんだく指定をするなどは一切行っていません。

こちらがマルシン飯店の天津丼の普通サイズなのです。

 

あんは醤油ベース。

関東の天津飯で見かける甘酢ケチャップあんではありません。

餃子の王将のおかげで、醤油ベースや塩ベースあんの天津飯も関東では多少は認知されるようになりましたね。

マルシン飯店の天津飯はあんの味付けも絶品なのですが、なにより卵とあんそしてご飯の一体感が素晴らしかったです。

いままで食べた天津飯の中でもトップクラスの美味しさでした。

大きなサイズの天津飯でしたが、あまりの旨さにあっという間に食べきってしまいました。

 

天津飯を勢いよく食べていると、主役の餃子が登場。

サイズは一般的な餃子よりやや小さめ。

一皿6個入りです。

 

全くムラのない焼き加減が素晴らしいですね。

焼き機で焼いていると思うのですが、どうやったらこんなにキレイに焼けるのでしょう。

 

皮はかなり薄めでうが、一方で弾力もしっかりあります。

特注でオリジナルの皮を作っているようです。

 

餃子を頬張ると皮の中からはキャベツ多めながらどっしりとした豚肉の旨味が感じられいます。

この豚肉の旨味の秘密は熟成肉専門店「京都中勢以」の熟成豚肉。

厳選豚の枝肉をドライエイジングでしっかりと熟成させたものを使用していて、通常は高級レストランなどで使われるものらしいです。

 

熟成豚肉ギョーザはそのまま食べても美味しいのですが、酢コショウで食べるのがお店のお勧めの食べ方です。

酢コショウがついに、京都の老舗店にまで浸透するとは、なんだか感慨深いですね。

 

確かにこれだけ旨味にしっかりした豚肉であれば、酢コショウとの相性は良いはず。

お酢にたっぷりのブラックペッパーを振りかけて、酢コショウの完成。

 

餃子にたっぷり酢コショウをつけてパクり。

そのまま食べるよりも、断然豚肉の味がしっかりと感じられます。

これぞ酢コショウマジック!

正しい酢コショウの使い方ですね。

 

もう一つどうしてもやってみたかったのが天津飯のあんかけ餃子。

あんの味は強いですが、餃子との相性は良いと思います。

普通のギョーザの揚げ餃子にかけると良さそう。

次回訪問時には必ず試してみたいと思います。

 

天津飯と熟成豚肉ギョーザをあっという間に平らげ、マルシン飯店初訪問は大満足。

まだまだお店の魅力の一部に触れただけだと思われますので、次回は、飲んだ後にグループで来て深夜のマルシン飯店を楽しみたいと思います。

 

京都まではなかなか足を運べないという方は、ネット販売もあるようなのでこちらでお試しください。

marushingyouza.shop-pro.jp 

マルシン飯店中華料理 / 東山駅三条京阪駅三条駅
昼総合点★★★★★ 5.0