東京餃子通信

全国の餃子情報をほぼ毎日お届け!

つかだ編集長

餃子とシャンパンが意外と合う!恵比寿に「スタンドシャン食」が進出

東京餃子通信編集長の塚田です。 恵比寿在住の友人から「スタンドシャン食」が恵比寿に進出してきたという情報を得たので早速訪問をしてきました。 「スタンドシャン食」は、シャンパンと餃子の組み合わせを提案してヒットしている餃子専門店。 数年前に大阪…

7/28~8/9にお台場で開催の「餃子博 in DiverCity Tokyo Plaza」に人気餃子店20店舗が集結

東京餃子通信編集長の塚田です。 7月28日(土)から8月9日(木)にお台場ダイバーシティ東京プラザにて「餃子博」なるイベントが開催されることが発表されました。 お台場ダイバーシティ東京って大きなガンダムが立っているとこですね。 「餃子博」では、、…

中目黒に新店「原宿餃子楼 マーラータンの店」でマーラータン&水餃子

東京餃子通信編集長の塚田です。 中目黒高架下にあった「原宿餃子楼」がリニューアルしたという情報を得て早速訪問してきました。 先日までは「原宿餃子楼 ハノイの風」という店名で、ベトナムを中心とするアジアエスニック料理と餃子が楽しめる店として営業…

全日本ぎょうざ祭り2018 in モリコロパークが9月15日~17日に開催【愛知】

東京餃子通信編集長の塚田です。 2018年9月15日~17日に愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)にて、日本最大級の餃子イベント「全日本ぎょうざ祭り」が開催されることが発表されました。

小籠包の世界的名店の技がリーズナブルに楽しめる「小籠包茶楼 龍哉」【中目黒】

東京餃子通信編集長の塚田です。 中目黒で日比谷線から東横線への乗換ついでに途中下車。 近くで軽く夕飯を食べていこうと、ネット検索したところ駅の近くに小籠包専門店「小籠包茶楼 龍哉」を発見。

「宇都宮みんみん」宮島町本店で焼1水1【宇都宮】

東京餃子通信編集長の塚田です。 宇都宮を代表する餃子店の一つ「宇都宮みんみん」の宮島町本店。 私が最初にみんみん本店に来たのは、学生のころなのでもう20年ぐらい前の話。 何度も来ているので東京餃子通信でもレポート済みかと思いきや、実はまだ未掲載…

御徒町で人気の町中華「大興」でニンニクたっぷりの炒飯と焼き餃子ランチ

東京餃子通信編集長の塚田です。 タレコミ情報をもとに御徒町駅の町中華「大興」へやってきました。 徒歩2~3分の路地を入ったところに「大興」はあります。

ジャンボすぎる「ひさご亭」の揚げ焼き餃子

東京餃子通信編集長の塚田です。 週末に千葉方面に来る予定があったので、武蔵野線に乗ってちょっと寄り道。 市川大野駅で降り、そこから歩いて15分ほど。 こざと北公園という公園の近くにある「ひさご亭」が目的のお店です。 こちらは、1953年に市川駅前で…

三河島の住宅街にひっそりと佇む町中華「すずき」の焼売と焼き餃子が旨かった

東京餃子通信編集長の塚田です。 前回鶯谷駅前の「大弘軒」で餃子と焼きそばを堪能したその足で、もう一軒気になっていた町中華の店をハシゴすることにしました。 この日は、3名での食べ歩きだったので、まだまだ余裕です。 www.tokyogyoza.net 向かった先は…

鶯谷駅改札から徒歩10秒の駅前町中華「大弘軒」で餃ビー&ソース焼きそば

東京餃子通信編集長の塚田です。 今回は鶯谷駅にやってきました。 駅を出てすぐのところに地元で人気の町中華「大弘軒」があります。 改札をでてからお店まで要した時間は約10秒ほど。 駅前中華というのはこういうことを言うのでしょう。

御徒町のガード下の「老酒舗」でお手軽にディープな中国旅行気分を楽しんだ

東京餃子通信編集長の塚田です。 仕事帰りに御徒町で食事をしようと向かったのは「老酒舗」。 今年の2月にできたばかりの「味坊」の新店です。

三角地帯の昭和な居酒屋「ときわ」で手作り餃子とエビカツで一杯【三軒茶屋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 今回は三軒茶屋の246と世田谷通りに囲まれた通称「三角地帯」にやって来ました。 目的のお店は、料理芸人のクック井上。さんと三軒茶屋で餃子食べ歩きをした際に教えてもらった居酒屋「ときわ」。

市ヶ谷に移転してお洒落になった「光華亭」で点心セットランチ

東京餃子通信編集長の塚田です。 仕事の打ち合わせで市ヶ谷に来たついでに市ヶ谷でランチが食べられる餃子を探したところ「光華亭」が市ヶ谷に移転してきた情報を得ました。 「光華亭」は、もともと千代田区の三番町にあり、近くに事務所がある秋元康さんも…

学芸大学駅前のきれいで美味い老舗町中華「二葉」でオムライス&餃子ランチ

東京餃子通信編集長の塚田です。 今回は学芸大学駅前の町中華のお店を訪問してきました。 改札を出て30秒、赤いテントと両サイドの庭木の緑が良い雰囲気を出している「二葉」に到着。 こちら「二葉」は昭和28年創業の超老舗の町中華店。 入り口のショーケー…

東京駅隣接の「うま馬」で源流博多ラーメンと一口餃子のセットランチ

東京餃子通信編集長の塚田です。 先日、本家特派員が宇都宮からレポートをしていましたが、宇都宮を舞台とする映画『キスできる餃子』が明日6月22日(金)から全国で公開されます。 www.tokyogyoza.net 映画『キスできる餃子』とのコラボ企画「東京駅で○○で…

東京餃子通信の2000本目はキラー・カンさんの「居酒屋 カンちゃん」の特製餃子でお祝い

東京餃子通信編集長の塚田です。 実は今回が東京餃子通信2000本目の記事になります。 2010年5月30日に最初の記事を書いてから約8年間で2000本なので、平均して毎年250本の記事を公開していたんですね。 振り返ってみるとかなりの数になっていました。 比較す…

駅前中華の「西海」でビールと大餃子【目白】

東京餃子通信編集長の塚田です。 かなり前にもらっていたタレコミ情報をもとに目白駅にやってきました。 お目当てのお店は「西海」。 読み方は「さいかい」です。 目白駅から徒歩1~2分とすぐそば。 大きな餃子が人気で、地元の客や学習院大学の学生でいつも…

「下北グレイヴィ餃子」で肉汁餃子、揚げ餃子、麻辣餃子、チリマヨ餃子、エビ餃子【下北沢】

東京餃子通信編集長の塚田です。 「下北グレイヴィ餃子」なる肉汁アピールの強い餃子店があるというタレコミ情報が入ったので、下北沢にやってきました。 駅からは徒歩5分ほど、グルメバーガー店のような雰囲気の外観のお店にたどり着きました。 最近できた…

dancyu 2018年7月号第二特集「餃子好きが、行く着くところ。」にインタビュー記事が掲載されました

東京餃子通信編集長の塚田です。 ビールが美味しくなる夏を迎える前ということもあり、各雑誌での餃子特集が増えてきました。 dancyuでも先日発売された7月号で餃子特集が組まれています。

「神田餃子居酒屋WARASHIBE GYOZA(ワラシベギョウザ)」に邪道餃子が大集合!【神田】

東京餃子通信編集長の塚田です。 昨年末ぐらいから他の媒体ではちょくちょく紹介させてもらっていた鉄板餃子フォンデュで有名な「WARASHIBE GYOZA」。 実は、東京餃子通信ではまだ紹介をしていなかったので、遅ればせながら紹介をしたいと思います。 「WARAS…

知る人ぞ知る老舗餃子店「末っ子」の焼き餃子作りのこころ意気【浅草】

東京餃子通信編集長の塚田です。 浅草の未訪問の老舗餃子店があったのを思い出して夜の浅草へ。 浅草駅からは浅草寺を抜けて言問通りを越えたところにある千束通りの商店街に入り徒歩で15分ほど。 有名タイレストラン「ソンポーン」の並びに目的の餃子店「末…

有楽町イトシア地下の「大連餃子基地 DALIAN STAND」で餃子ランチ【有楽町】

東京餃子通信編集長の塚田です。 仕事で東京国際フォーラム来たので、有楽町駅周辺で未踏の餃子店を探索してみました。 有楽町はよく来る場所なので、銀座方面まで含めてかなりの数の店を訪問済み。 そうそう新しい店なんてないだろうなと思っていたところ、…

首都圏版グルメガイド『東京食本vol.5』(ぴあ)で「やっぱり餃子とビール」特集!

東京餃子通信編集長の塚田です。 昨日、5月29日に、ぴあ株式会社から発売された首都圏グルメガイド『東京食本vol.5』で、餃子特集をお手伝いさせていただきました。 東京食本vol.5 (ぴあMOOK) 出版社/メーカー: ぴあ 発売日: 2018/05/29 メディア: ムック …

北千住生まれの餃子バル「アガリコ餃子楼 新橋店」【新橋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 新橋で餃子を軽く食べて帰ろうと周辺の新店情報を探したところ、アガリコ餃子楼の新橋店が開店しているのを発見しました。 アガリコ餃子楼は北千住に本店を構えるバルスタイルの人気餃子専門店です。 北千住の店はかなり狭く…

【メディア情報】GQ JAPAN 07・08月合併号「おいしい東京(圏)飲み食い三昧 ザ・ヒットパレード 2018」で餃子を担当

東京餃子通信編集長の塚田です。 最近、巷では餃子がちょっとしたブームになっているらしく、多方面のメディアで餃子特集が企画されています。 そして、先日発売されたGQ JAPANでも餃子関連の特集が組まれ、なんとそのお手伝いをする機会を頂きました。 餃子…

点心酒場「祥門」で気軽に楽しむ本格点心【中目黒】

東京餃子通信編集長の塚田です。 中目黒駅から山手通り沿いを池尻方面に歩いていたところ気になる立て看板を発見。 一度食べたらやみつき!!! 羽根付焼餃子 台湾小籠包 焼き小籠包 しかも価格は290円からと、お一人様でも楽しめそうな雰囲気。 予定外ではあり…

大阪王将の新バージョン「大阪王将 餃子酒場」に初訪問【新橋】

東京餃子通信編集長の塚田です。 仕事帰りに軽く飲んで帰ろうと新橋駅周辺をブラブラと散策していたところ、見たことのあるオブジェを発見。

天下一品ではなく「天下一」のジャンボ餃子は安くてボリューム満点【五反田】

東京餃子通信編集長の塚田です。 皆さん、「天下一」という中華チェーン店をご存知でしょうか? 天下一品ではなく天下一。 都内のあちこちで天下一の赤い看板を見かけ、前々から気になっていたのですがこれまで足を踏み入れたことはありませんでした。 先日…

店名は「シネマカフェ」だけど実は本格派の餃子店【学芸大学】

東京餃子通信編集長の塚田です。 長らく福岡の餃子レポートが続いていましたが、そちらは一旦お休み。(まだ福岡ネタのストックは残っているのですが、、、) 久しぶりに東京の餃子情報をお届けしたいと思います。 今回は変わった名前の餃子推しの町中華があ…

福岡のローカル餃子チェーン「テムジン」発祥の地は大名にあり【福岡】

東京餃子通信編集長の塚田です。 引き続きHASH#FUKUOKAの「東京餃子通信の編集長が、餃子のルーツを求めて食べ歩いた福岡の餃子屋11店」からのスピンオフのレポートです。 hash.city.fukuoka.lg.jp 今回ご紹介するのは福岡でもっとも有名な餃子店の一つ「餃…